デイサービスへ転職する看護師が知っておきたい3つのポイント

デイサービスへ転職する看護師が知っておきたい3つのポイント

デイサービスへ転職する看護師は「夜勤がない」「日勤のみの勤務で良い」というところに魅力を感じる方が多いです。

デイサービスの看護師は介護系の仕事の中でも働きやすい職場です。

一方、デイサービスに配置されている看護師の配置基準の数は0人〜2人と少ないです。

そのため転職先を選ぶ際に看護師の数が少ないとあなたがつらくなってしまいます。

ここではデイサービスの看護師の仕事など転職する際に知っておきたいことを始め、看護師の数が2人以上のところはどういったところなのかをまとめていきます。

デイサービスへ転職した看護師が行う仕事内容は?

デイサービスへ転職したい看護師の方にまず知っておいて欲しいことは仕事内容です。

これを知っていると転職した時に仕事に対するギャップを最小限にすることができますよ。

デイサービスは介護が必要な方が通う施設

デイサービスは要介護認定を受けた方たちが通う施設です。

デイサービスに通う目的は様々ですが、入浴をするため、リハビリをするため、他の方との交流を楽しむためなどとなっています。

また自宅で介護をしている家族が仕事や用事のため、自宅に1人になってしまう時にも利用されるケースもあります。

デイサービスの看護師の仕事は利用者さんが安全に過ごされるための体調管理と介護

デイサービスでは朝利用者さんの自宅へお迎えに行き、夕方また自宅までお送りするまでがその日の業務となります。

朝、デイサービスに到着した方からお茶をお出しして少し休まれてからバイタルチェックをします。

その際、入浴のサービスを受ける方の場合、看護師がバイタルを確認し入浴可否を判断します。

利用者さんがそろったら挨拶をし、入浴が開始されます。看護師は入浴後の処置がメインになります。

処置といっても湿布薬を貼る、軟膏を塗るなどの簡単なものばかりです。

デイサービスによっては看護師が入浴の介助をするところもあります。

入浴されていない方の見守りも看護師の仕事です。

暇そうにしている方には簡単な作業などを提供する、リハビリを行う、入浴後の方に水分補給をしてもらえるようにするなど全体に気を配りながら処置をしていきます。

昼食時には食事の見守りや食事介助、服薬介助などを行います。

その後休憩をはさみ、午後のレクリエーションに参加します。

その合間を見ながら記録をします。

そして夕方帰る時間になる前に排泄介助などをし、お見送りとなります。

デイサービスへ転職する看護師に求められること3つ

デイサービスへ転職する看護師に求められること3つを確認しておきましょう。

これに当てはまるとデイサービスの看護師に転職した時、「転職してよかった」という気持ちで仕事ができます。

看護師としてのスキルを持っていること

まず、看護師としてのスキルがどれくらい必要かということが気になるでしょう。

スキルがあればあるほど安心して勤務ができますが、最も必要なスキルとして求められるのは判断力です。

デイサービスは毎日違う利用者さんが来られます

そのためその利用者さん一人一人の病気などを把握し、何かあった時に正確に判断することが求められます。

また体調が悪くなった時に自宅へ帰るよう指示を出すのか救急車なのかという判断も必要になります。

そして要介護の方が利用しているため、窒息などの事故も起こります

その時に適切な対応ができるだけのスキルも求められます。

デイサービスでは高齢者の利用者さんがほとんどですので、転職前にも転職した後にも知識をつけるために「コミュニティケア 2008年6月号や2010年11月号のデイサービスの“看護”特集」のような本を読むことをおすすめします。

看護系の雑誌の中でも在宅看護を対象としているものを読んでおくと役立ちます。

レクリエーションを恥ずかしがらずにできること

デイサービスの看護師に転職する時には恥ずかしがらずにレクリエーションに参加できる気持ちがあることが大切です。

レクリエーションはほとんどのデイサービスでも行っているもので、体操で体を動かすことや季節ごとのイベントなど様々なものが行われています。

もちろん看護師も参加します。レクリエーションをメインで進行することはほとんどないですが、活動中の見守りや一緒に盛り上げて利用者さんたちが楽しめる雰囲気を作るのはデイサービスで働いている看護師の役割になります。

「看護師なのに…」と思うかもしれません。

しかしレクリエーションに参加すると意外と楽しいのでいつの間にか自分の役割と感じるようになりますよ。

また様々なイベントを行うデイサービスが多いので、そうした時に恥ずかしがらずに積極的にレクリエーションに参加できる看護師はデイサービスのスタッフにとってありがたい存在になります。

「盛り上げるの得意!」という方、デイサービスへの看護師の転職、向いていますよ。

介護と同じ仕事ができること

デイサービスは介護を必要とする方が通われているところです。

しかし介護士の人数が多いわけでもないため、入浴介助や排泄介助、食事介助など業務を協力して進める必要があります。

そのため、病院はもちろんですが介護施設の中でも介護業務を担当する機会が多いのがデイサービスとも言えます。

もし「介護の仕事はしたくないな」と思っているのであれば、デイサービスの看護師への転職はおすすめできません。

デイサービスでは限られた人数で1日の業務を行っていきますので、送迎を担当することもあります。

看護師が送迎車の運転や添乗者として送迎業務を担当するデイサービスもあるでしょう。

デイサービスの看護師は看護師しかできない仕事だけでなく、介護士の役割も担う必要がある職場です。

ちなみにデイサービスの看護師の服装は介護士と同じものを着用しているところが多いです。

病院のような白衣ではなく、ジャージのような動きやすいものを取り入れているところが多いと言えます。

デイサービスへ転職した看護師は仕事に対しての悩みが多い

デイサービスに転職し、看護師として働き始めた時に感じる悩みを確認していきましょう。

仕事が物足りないという悩み

デイサービスの看護師に転職をして悩む1つに仕事に物足りなさを感じることがあります。

仕事内容は先に説明しましたが、介護保険利用でのサービスになりますので、医療行為は原則ありません。

あるとしてもインスリン注射をする程度です。

また看護師が行う仕事はケアプランと呼ばれるものにしっかりと記載されており、そのケアプランにないことはしません。

そのため、どちらかというと仕事が介護寄りのものになることが多く、「看護師として入ったのに…」と悩んでしまいます。

しかしデイサービスの看護師としてのやりがいもあります。

ゆっくりと利用者さんと話すことができ、少しの変化にも気付くことができるようになります。

また利用者さんから「ありがとう」と言われる機会も多くなるため、「デイサービスの看護師に転職してよかった」と感じることもでき、それがやりがいになります。

介護の仕事をしなければならない

デイサービスは生活相談員と看護師と介護士が現場で働いています。

そして規模にもよりますが、人員不足のデイサービスでは看護師だとしても様々な動きをしなければいけません

実際にデイサービスで働いている看護師の方の悩みの中に「身体介護をする時間が長い」「送迎の運転をしなければならない」などというものが挙がっています。

デイサービスは介護施設であるため、病院のように治療をするところではないと分かっていても、看護師としての仕事ではなく介護の仕事ばかりするのなら「デイサービスの看護師の役割って何?」「デイサービスの看護師なんて辞めたい」と感じてしまうでしょう。

人間関係の悩み

デイサービスだけではありませんが介護施設ではメインで働いているのは介護士になります。

利用者さんも介護士の顔や名前は憶えてくれるのに、看護師のことは記憶にないという経験は介護施設で働く看護師のあるあるです。

体調が悪くて確認しに行ったのに「いつもの介護士さん呼んで」と呼ばれた時の悲しさ…。

しかし利用者さんとの関係でダメージを受けるだけではありません。

介護士との関係でも悩むことが多くあります。介護士は看護師に対して少なからず距離を置いています。

なぜなら看護師が怖いからです(もちろんすべての人に当てはまるわけではありません)。

介護士からの看護師のイメージでよくあるのが「上から目線」「威張っている」というような先入観です。

そのため介護士は新しく転職してきた看護師に対して距離を置く、わざと冷たい態度を取って試すというような行動をすることがあります。

そしてデイサービスの看護師の悩みとして看護師の人数が少ないため味方がいないということもありますので、介護士の感情を受け止めることしかできません。

あまりにもひどい時にはデイサービスの管理者などに相談することができますが、そのデイサービスに転職したばかりの看護師だったら余計に悩みますよね。

デイサービスへ転職する看護師が気にしておくこと3つ

デイサービスへ転職する看護師が気になるのは給料事情や求人の状況ではないでしょうか。

ここではそれらを確認していきます。

デイサービスの看護師の年収

デイサービスの看護師に転職した時の給料はどのくらいなのでしょうか?

「デイサービス 看護師」で転職サイトを検索してみると、大体月給が25万円~となっています。

少ないところは18万円~、高いところでは35万円というところもあります。

またボーナス支給があるところ、ないところもありますので一概に年収はこれと言えないのですが350万~550万円程度になると予想されます。

ちなみに看護師の平均年収が473万円とされていますので、少な目とも言えます。

しかしこれらの情報はだれでも見ることができる公開求人のみの話です。

転職サイトに登録すると非公開の給料が高いところを紹介してもらうことができます。

デイサービスの看護師の時給

デイサービスは正社員として働くほかに週3~4日のパート勤務での求人も多く出ています。

平均時給は時給1500円~1900円程度のところが多くなります。パートとして働く時には比較的時給が高いと言えます。

子育て中の方でパート勤務を希望する場合には人気がある職場であると言えます。

実際のデイサービス看護師の転職事情

実際に出ている東京のデイサービスの看護師の求人を確認していきます。

「東京都 デイサービス 看護師」で検索すると、100件程度の求人情報が出てきます。

社会福祉法人が運営しているデイサービスや民間企業が運営しているデイサービスなど様々です。

残業がない、利用者の人数が少なくアットホームな雰囲気、リハビリに力を入れているなどの特色を持つデイサービスがありますので転職サイトで検索をしてみましょう。

ちなみにこれらは公開されている求人情報だけの話です。

そのためもっとたくさんの求人を探すには転職サイトに登録し、非公開求人を紹介してもらいましょう。

デイサービスへ転職する看護師は、自分に合った職場へ!

デイサービスへ転職する看護師についてまとめてきましたがいかがでしたか?

デイサービスの看護師は要介護の利用者さんが安心して過ごすためのお手伝いをするのがメインのお仕事です。

看護師らしい仕事がしたい時には医療依存度の高い利用者が多いデイサービスを選ぶ

デイサービスの看護師の中には仕事の物足りなさについての悩みを抱える人もいます。

デイサービスの事業所には医療依存度が高い人を受け入れているところもあります。

そうしたところで人工呼吸器装着の方や24時間点滴の方、胃ろうの方などが通われています。

病院に近い看護師の仕事をしたい時にはこのような事業所を選ぶようにするといいですよ。

介護の仕事をするなら利用者さんのことをしっかりと教えてくれるところを選ぶ

介護の仕事をしなければならないという悩みには看護師と介護士の仕事がしっかりと分けられているところを探しましょう。

ちなみに看護師とはいえ、介護士のようにスムーズに介助ができるとは限りませんので介護をすることがあるデイサービスなら介護士がしっかりと利用者さんのことを教えてくれるところを選びましょう。

看護師の人数が1人ではないところを選ぶ

デイサービスは看護師が1日に1人しかいないというところもあります。

これはデイサービスの看護師の配置基準では利用者が10名以下では配置しなくても良く、11名以上で1名以上の看護師を配置する必要がある、となっているためです。

そのため看護師が1人しか配置されていないところもあり、そうしたところは仕事面でも負担が大きくなります。

また介護士から当たられた時相談する仲間がいないということもありますので、看護師が2名以上は配置されているところを選びましょう。

看護師の人数が1人ではないデイサービスはリハビリに力を入れている、医療依存度の高い方を受け入れているという傾向があります。

まとめ

デイサービスの看護師に転職しようと思っている方は病院での仕事に疲れた、夜勤をしたくない、パート勤務がしたいなどという理由を持っている方が多いのではないでしょうか?

現在、自宅での介護を勧めている国の方針もあり、今後もデイサービスの事業所数は増えてくると予想されます。

そしてデイサービスの看護師の数も必要になるため、求人も多く出てくるでしょう。

その中からあなたの希望に沿った事業所を見つけるのは面倒ですよね。

できれば手間をかけずに探したいものです。

そうした時に活用して欲しいのが転職サイトなのです。

転職サイトに登録するとあなた担当の転職コンサルタントが転職をサポートしてくれます。

「介護の仕事の負担が少ないところがいい」「運転するのはちょっと…」という不安をお持ちの方には看護業務に専念できるデイサービスの求人を教えてくれます。

また「介護士との人間関係に悩みたくない」という方には風通しの良い職場を紹介してくれます。

転職コンサルタントは実際に入職している先輩看護師から職場の様子を確認していますので転職してからのギャップが最小限になります。

そして転職サイトを使うメリットとして、何度もお話しましたが非公開求人を紹介してくれます。

公開求人は誰でも見ることができる情報ですので条件がぴったりのものを探すのは難しいのですが、非公開求人なら探せる可能性が高まります。

デイサービスの看護師へ転職しようと思ったらまずは転職サイトに登録しましょう。

そして数ある求人の中からあなたにぴったりのデイサービスの求人を転職コンサルタントと一緒に探していきましょう。

万が一に備え、看護師転職サイトに登録しておきましょう!

万が一に備え、看護師転職サイトに登録しておきましょう!

看護師転職サイトのおすすめ

【1位】マイナビ看護師

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社マイナビ

マイナビ看護師は看護師それぞれの状況に合わせた的確な非常口(転職先)を用意してくれます。実績豊富で質も高く、信頼出来ると評判です。質の高いサービスと求人数の多さが保証されており、おすすめです。

【2位】:ナース人材バンク

オススメ度:★★★★★☆
運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクもセカンドオピニオンとして登録しておくと、より確実な求人探しが可能になります。マイナビ看護師と併用して、2つの視点から求人を分析してもらいましょう。

運営者情報 | ナースの非常口とは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

ページのトップへもどる