呼吸器外科 看護師のやりがいは、仕事を始めてからすぐに実感できます。

呼吸器外科 看護師のやりがいは、仕事を始めてからすぐに実感できます。

呼吸器外科での看護師のやりがいは、他の分野に比べてすぐに実感できます。

さて、それはなぜでしょう。次の3つのポイントがあります。

呼吸器外科 看護師のやりがいは、ある程度術式が決まっているので管理しやすいです。

他臓器に比べ呼吸器の手術は術式が決まっているので、覚えてしまえば自ら行動しやすいです。

もちろん年齢や既往歴、ADLによって個人差があるので、患者個々の接し方は異なってきます。

しかし、基本は一緒です。

なので、看護師同士も共通認識ができて、呼吸器外科に異動しても早く独り立ちできるのが特徴ではないでしょうか。

独り立ちできるとそれが自信になり、モチベーションが上がっていきます。

また、術式がある程度決まってきているので後輩看護師への指導も早くから経験することができ、自分自身の成長に繋がると思います。

呼吸器外科 看護師のやりがいは、一期一会の出会い!!

呼吸器外科は他分野に比べ、平均在院日数も短く、どんどん患者様が入れ替わります。

また、再入院や呼吸器に関しての再手術も少なく、常に初めましての患者様ばかりです。

長期入院の患者様だと深く関われるという反面、看護師も人間ですから、ちょっと苦手・・・という人もいると思います。

入院が短いと、毎回新たな気持ちで関わることが出来るので常にシャンとした気分になります。

短い期間の関わりですので、短い間にたくさん相手の事を知ろうと逆に仕事が効率的になったりもします。

また、短い期間ですが患者様から感謝されることも多いのが呼吸器外科の特徴です。

呼吸器外科 看護師のやりがいは、自分がどれだけ関わったか患者様を通して分かる!

呼吸器外科は他の治療に比べドレーンの数が少なく、傷も比較的小さいのが特徴的です。

手術が終わってから離床までの時間が他の手術に比べ平均的に早く、ドレーン抜去までの期間、患者様の協力はもちろん看護師の介入も欠かせません。

例えば、男性でもともとはADLが自立していましたが、手術後はドレーンが入っているのと動いたら痛いのではないか、傷が開いてしまうのではないかと不安で離床がなかなか進みません。

しかし、離床が進まなければ酸素チューブもドレーンも抜けず、呼吸が楽になりません。

そこで看護師が、離床のお手伝いや呼吸法を一緒に行うことによって、患者様は離床の必要性に気づき、自ら離床を試みるといったことが生じます。

にこにこ帰って行かれる患者様を見ると、携わっていてよかったなと自分も嬉しくなります。

まとめ

いかがでしたか。

呼吸器外科は一見忙しいように思いがちですが、とてもシンプルな看護の提供の仕方だと思います。

覚えやすく、効率的な業務をしたい方に特にお勧めです。

万が一に備え、看護師転職サイトに登録しておきましょう!

万が一に備え、看護師転職サイトに登録しておきましょう!

看護師転職サイトのおすすめ

【1位】マイナビ看護師

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社マイナビ

マイナビ看護師は看護師それぞれの状況に合わせた的確な非常口(転職先)を用意してくれます。実績豊富で質も高く、信頼出来ると評判です。質の高いサービスと求人数の多さが保証されており、おすすめです。

【2位】:ナース人材バンク

オススメ度:★★★★★☆
運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクもセカンドオピニオンとして登録しておくと、より確実な求人探しが可能になります。マイナビ看護師と併用して、2つの視点から求人を分析してもらいましょう。

こちらもおすすめ

運営者情報 | ナースの非常口とは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

ページのトップへもどる