呼吸器外科 看護師の勉強は、教科書より実践が大事!

呼吸器外科 看護師の勉強は、教科書より実践が大事!

教科書より実践が大事。

教科書ももちろん大切です。

教科書が基礎となって、実際に看護にあたるときは応用編と考えたほうがよいでしょう。

呼吸器外科を看護師が勉強がするのにオススメの参考書は学生時代の教科書!!

まず、学生時代に使っていた解剖生理学呼吸器の教科書を読みましょう。

それだけで十分です。

実際の看護を通して得られる知識や経験が自分自身のスキルアップにつながるでしょう。

基礎をしっかり学んでおくことでどんな患者でも対応出来ます。

まずは学生時代に使用した解剖生理学と呼吸器の教科書で復習しておきましょう。

入職後に使うとよいのは、看護師国家試験に使っていたレビューブックがよいでしょう。

簡潔に特に重要な事が書かれているのと、もし既往歴などお持ちの方などを調べるときに他の科も搭載しているので便利です。

配属されたばかりはなれない環境で緊張や疲れも出てくるので、簡潔に書かれていたほうがかえって頭にも残りやすいです。

それでもわからない場合は教科書を出してもう一度見直しをしてみましょう。

臨床経験が何よりの教科書

実際に教科書や参考書で勉強しても臨床にいくと「これがそうなの?」と思うことが多いと思います。

先輩方が指導して下さり、また病棟での医師や看護師の勉強会があるので、その都度勉強していくようにすればよいと思います。

また、カルテや患者様の状況から把握したり、分からない用語をその都度調べて覚えていくのが何より大切です。

入職してから学んでいくことが何よりの勉強への近道です。

まとめ

呼吸器が得意ではなかったという人も、呼吸器外科に配属されてから学んでいくということで全然遅くはありませんよ。

学生時代に必死に勉強した教科書をもう一度出してきて基礎だけ復習で間に合います。

入職してから呼吸器について知識を深めていくことで効率的に学んでいけると思います。

一人で抱え込まないで、病棟の仲間と一緒に知識を増やしていくことがよいですよ。

万が一に備え、看護師転職サイトに登録しておきましょう!

万が一に備え、看護師転職サイトに登録しておきましょう!

看護師転職サイトのおすすめ

【1位】マイナビ看護師

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社マイナビ

マイナビ看護師は看護師それぞれの状況に合わせた的確な非常口(転職先)を用意してくれます。実績豊富で質も高く、信頼出来ると評判です。質の高いサービスと求人数の多さが保証されており、おすすめです。

【2位】:ナース人材バンク

オススメ度:★★★★★☆
運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクもセカンドオピニオンとして登録しておくと、より確実な求人探しが可能になります。マイナビ看護師と併用して、2つの視点から求人を分析してもらいましょう。

こちらもおすすめ

運営者情報 | ナースの非常口とは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

ページのトップへもどる