外来検査部門の看護師のデメリットにはどんなことがあるの?

外来検査部門の看護師のデメリット

外来検査部門の看護師には、緊急対応の検査の緊張感、手技や介助の多さなど検査部門特有のデメリットがあります。

外来検査部門の看護師のデメリット、検査業務を覚えるのに時間がかかる

外来検査部門では、さまざまな検査を行っています。採血から心電図検査、エコー検査、胃カメラ、心臓カテーテル検査など全身の検査を行っています。どの検査にも検査に対する必要物品、手順があります。

検査の数が多いので、それらの検査の必要物品、手順を覚えるだけでも簡単なことではありません。また、医師の介助につく検査も多くあります。器具を渡すタイミングを理解することも簡単ではないのです。

外来検査部門の看護師は、さまざまな検査の介助につきますが、その検査によって、使う物品が違うので覚えるのに時間がかかるというのがデメリットと感じる方もいます。しかし、どれも経験を積んでいくことで、理解できるようになるのです。

それでも、理解できるようになるまでの期間は、検査に対する対応がうまくできなくて、落ち込んでしまうことが多いです。

そのため、「こんなはずじゃなかった」「私にはできない」とマイナス思考につながりやすくなってしまい、ひどくなると離職を考えてしまうほどの落ち込みかたをしてしまう場合もあります。

外来検査部門の看護師のデメリット、他部門スタッフとの多くのコンタクトを多く取らなくてはいけないことです。

どのような検査でも、専門部門のスタッフの関わりが必要になってきます。例えば、採血、心電図検査、エコー検査などでは臨床検査技師、レントゲン検査、心臓カテーテル検査などでは放射線技師との協力を図ることが必要になってきます。

検査の時間調整や必要物品の手配などお互いに協力して、検査の準備を行っていきます。お互いに1日に受ける検査は複数あるため、連絡調整がうまくいかない場合も少なくありません。

そんな場合に苦情を受けてしまうのは、多くは外来検査部門の看護師なのです。きつい言い方をされてしまうこともあるので、その言葉に傷ついてしまうこともあります。

自分自身の中でうまく気分の切り替えができないと、ストレスとなってしまいがちです。

外来検査部門の看護師の一番のデメリット、休日や夜間の緊急検査での呼び出しがあることです。

病院の規模によっても違いますが、外来検査部門は夜勤こそないですが、休日や夜間に緊急検査での呼び出しがある病院が多いです。呼び出し体制は、外来検査部門の看護師の中での当番制となりますが、最低週に1度は当番が回ってくることが多いです。

呼び出し方法もそれぞれですが、やはりオンコール体制になっている病院が多いです。当番の日に自宅の電話や携帯電話の呼び出し音が鳴ると、ドキッとしてしまいます。夜も熟睡できない人がほとんどです。

いつ呼び出されるかわからないのは、落ち着かず、ストレスになってしまいます。また、呼び出される場合は、重症患者様の緊急検査であることがほとんどなので、さらに緊張度が増してしまいます。

こんなストレスを感じる職場はない・・と言われるスタッフも少なくはありません。

まとめ

いかがでしたか?

外来検査部門の看護師のデメリットについて、知識を深めていただけましたか?

外来検査部門は、緊急時の対応が必要な場合もあります。そのため、ストレスを強く感じてしまう方も少なくはありません。

どんな仕事にも、メリット・デメリットがあります。外来検査部門に転職を考えているのなら、あなたにとってどちらが大きいのかが仕事を選ぶときのポイントになるように思います。

同じ外来検査部門であっても、それぞれの病院によって、勤務体制や勤務環境も違ってきます。まずは、外来検査部門看護師として勤務するとしたらと考えて、そのために必要な情報を得ることが大切です。

自分一人で集められる情報が限られてくると思います。一度看護師転職サイトに相談してみてはいかかでしょうか?転職希望先での聞きづらい情報も教えていただくことができますよ!

万が一に備え、看護師転職サイトに登録しておきましょう!

万が一に備え、看護師転職サイトに登録しておきましょう!

看護師転職サイトのおすすめ

【1位】マイナビ看護師

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社マイナビ

マイナビ看護師は看護師それぞれの状況に合わせた的確な非常口(転職先)を用意してくれます。実績豊富で質も高く、信頼出来ると評判です。質の高いサービスと求人数の多さが保証されており、おすすめです。

【2位】:ナース人材バンク

オススメ度:★★★★★☆
運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクもセカンドオピニオンとして登録しておくと、より確実な求人探しが可能になります。マイナビ看護師と併用して、2つの視点から求人を分析してもらいましょう。

こちらもおすすめ

運営者情報 | ナースの非常口とは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

ページのトップへもどる