外来検査部門に再就職した看護師の志望動機は、これ!

外来検査部門に再就職した看護師の志望動機は、これ!

外来検査部門へ再就職を希望する看護師には、特別な志望動機があるの?

外来検査部門に再就職を希望する看護師の志望動機の多くは、夜勤がないことです。

育児などの家庭環境の変化で、病棟での夜勤が難しくなる看護師は、少なくありません。そのため、夜勤のない部署への再就職を希望する看護師も多いのです。

そのため、外来勤務を希望することがあります。そのなかで、外来検査部門へ志望されることはそう多くはありません。なぜなら、外来検査部門自体の求人は、そう多くないからです。

外来勤務を希望したところ、検査部門はどうか・・と言われ、そのまま勤務する看護師もいます。そういう私自身がそうでした。

育児のためいったん退職し、再就職を考えたとき、やはり出産前のような夜勤のある病棟勤務は、家族の協力があまり得られないなかでは困難でした。

そこで、外来勤務を希望し、再就職先を探していたところ、検査部門の空きがあるからどうかと声をかけられ、そのまま再就職したのでした。

実際私が再就職した病院では、私の前に勤務されていた方も同じような状況だったと聞きました。

外来検査部門での勤務を希望したというよりも、外来勤務を希望したところ、そこに求人があったからという場合のほうが多いようです。

検査に対する患者様の不安を和らげるようにしたい・・と外来検査部門の看護師への志望動機と思われる方もいます。

あなた自身やご家族の方が、病気のため検査を受けたとき、「いつまで待たされるんだろう」「このままでいいのかしら?」「この薬を飲めばいいの?」など小さな不安がいっぱいになった経験があるのではないでしょうか?

そんな経験から、検査を受ける患者様の不安を和らげる看護をしたい・・と外来検査部門を志望される看護師もいます。

実際、外来検査部門に勤務した経験からも、検査前の患者様は、言葉に出さずとも不安でいっぱいの表情をされています。

勤務しているスタッフにとっては、日常のことであっても、患者様にとっては特別なことなのです。ましてや、その検査でガンなどの病気の診断がつくとなれば、前日の夜は眠れなかったという患者様も少なくありません。

そんな患者様の不安を和らげるように声をかける、分かりやすい検査の説明をするだけでも、患者様の不安げな様子はずいぶんと変化します。

患者様の不を和らげる看護をしたい・・と外来検査部門を志望される看護師もいるのです。

外来検査部門看護師への志望動機に、経験のない部門で、スキルアップをしたい・・という方もいます。

外来検査部門は、検査を受ける患者様への看護や検査の介助が中心となる部署です。外来でも他の部署とは違い、検査では特殊なことが多いのです。

心臓カテーテル検査、内視鏡検査、放射線検査など事前準備や知識が必要な検査があります。

このような検査の手順・マニュアルを十分理解した上で、検査を受ける患者様への看護や検査の介助を行っていきます。やはり、手順・マニュアルを理解するために、自己研鑽が欠かせないのです。

そのようなことから、外来検査部門が未経験であれば、自分のスキルアップにつながっていく部署になります。

今までの経験を生かして、さらにスキルアップを目指して、外来検査部門へ志望される方もいます。

まとめ

いかがでしたか?

外来検査部門に再就職した看護師の志望動機を知ることができましたか?

転職や再就職を希望するには、さまざまな理由があると思います。休日や給与などの待遇面での理由が多いのではないかと思います。

そのような中で、外来検査部門を志望する看護師の多くは、夜勤のないことであることが多いです。

その他にも、あなたご自身やご家族が受けた検査への不安の強さから、そんな不安を和らげる看護をしたいと思われる方もいます。あなた自身の経験を生かして、さらなるスキルアップを目指す方もいます。

あなたの希望に沿った転職先を見つけたいを思われたのなら、一度看護師転職サイトに相談されてはいかかでしょうか?

万が一に備え、看護師転職サイトに登録しておきましょう!

万が一に備え、看護師転職サイトに登録しておきましょう!

看護師転職サイトのおすすめ

【1位】マイナビ看護師

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社マイナビ

マイナビ看護師は看護師それぞれの状況に合わせた的確な非常口(転職先)を用意してくれます。実績豊富で質も高く、信頼出来ると評判です。質の高いサービスと求人数の多さが保証されており、おすすめです。

【2位】:ナース人材バンク

オススメ度:★★★★★☆
運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクもセカンドオピニオンとして登録しておくと、より確実な求人探しが可能になります。マイナビ看護師と併用して、2つの視点から求人を分析してもらいましょう。

こちらもおすすめ

運営者情報 | ナースの非常口とは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

ページのトップへもどる