転職する看護師が知りたい、外来検査部門の5つの注意点

転職する看護師が知りたい、外来検査部門の5つの注意点

外来検査部門の看護師に転職する際に知っておくべき5つの注意点を確認しておきましょう。

転職する看護師が知りたい、外来検査部門の特徴

外来検査部門では、定期的な検査だけではなく、心臓カテーテル検査のような緊急の検査もあります。そのため、緊急時には素早い対応を求められます。

そして、行われる検査も胃カメラなどの内視鏡検査、心臓カテーテル検査などさまざまな検査の対応や医師の介助などを行っています。

検査を受ける患者様は、検査を受けなければならないことに不安を感じていることが多いです。外来検査部門の看護師は、そんな患者様の不安をしっかりと聞き取り、主治医との橋渡しができるようにサポートすることも求められているのです。

日々多くの検査を行っているので、慌ただしい職場です。そんな中でも、患者様の不安をしっかりと受けとめ、医師と患者様の橋渡しを行う役割があるのが、外来検査部門の看護師の特徴です。

さらに詳しく外来検査部門の看護師の特徴について知りたい方は、「外来検査部門の看護師には、緊急時の対応が素早いという特徴があります。」を読んでみて下さい。

転職する看護師が知りたい、外来検査部門のメリット

外来検査部門では、心臓カテーテル検査などの血管造影検査、胃カメラなどの内視鏡検査、放射線検査など専門性の高い検査を行っています。

そのため、それらの専門性の高い検査の介助を行う場合には、自分自身がその検査についての知識を深めていかないと思うような看護はできません。そのため、自分自身のスキルアップのための努力が欠かせない職場なのです。

緊張度の高い職場ではあるものの、一般的に外来検査部門では夜勤や残業がないところがほとんどです。そのため、勤務時間外の時間を有効に使うことができるのです。

子育て中であれば、家庭を優先できますし、自分自身のスキルアップのための勉強時間にすることもできます。

また、外来検査部門で経験を重ねることで認定看護師や専門看護師にチャレンジすることもできます。

さらに詳しく外来検査部門の看護師のメリットについて知りたい方は、「外来検査部門の看護師のメリットってどんなことがあるの?」を読んでみて下さい。

転職する看護師が知りたい、外来検査部門のデメリット

外来検査部門では、緊急時の検査もあり、その緊張感が負担になってしまうこともあります。また、検査の手技や介助の多さのせいでなかなか覚えられず、「こんなはずじゃなかった」「私にはできない」とマイナス思考につながりやすい一面があります。

また、検査を通して、他部門スタッフとの関わりがより必要になってきます。検査の時間調整や必要物品の手配などお互いに協力し合って行っています。

しかし、お互いに1日に受ける検査は複数あるため、連絡調整がうまくいかない場合も少なくありません。

そんな場合に苦情を受けてしまうのは、多くは外来検査部門の看護師なのです。きつい言い方をされてしまうこともあるので、その言葉に傷ついてしまうこともあります。

そんなとき、うまく気持ちの切り替えができないとストレスとなってしまうことも少なくありません。

また、外来検査部門は夜勤はない病院がほとんどですが、その代わり、緊急時の呼び出し方法として、オンコール体制になっている病院が多いです。そのため、いつ呼び出されるかわからず、こんなストレスを感じる職場はないと言われるスタッフも少なくありません。

さらに詳しく外来検査部門の看護師のデメリットについて知りたい方は、「外来検査部門の看護師のデメリットにはどんなことがあるの?」を読んでみて下さい。

転職する看護師が知りたい、外来検査部門の向き不向き

外来検査部門は病院の中でも緊急な場面が多くあり、特殊な職場だと思います。そのため、向き不向きがあるのではないかと考える方は多いです。特に緊張しやすい性格の人は向いていないのではないかと考えがちです。

しかし、そうではないのです。緊張することが苦手であっても、その気持ちに打ち勝つ強い気持ちがあれば、克服することができます。

逆に、緊張することが苦手な優しい気持ちの持ち主であれば、緊急検査のため、緊張したり、不安がっていたりする患者様やご家族の気持ちに寄り添い、優しい言葉をかけることができる看護師が多い傾向にもあるのです。

外来検査部門では、内科系・外科系いずれの検査も行っています。ときには小児科の検査もあります。どのような診療科の検査もあるので、あなたの経験はどんな形であっても活かされてくる職場です。

外来検査部門は、今迄の経験を活かしながら活躍できる職場です。あなたの知識を深めていくことで、外来検査部門での活躍の場が広がってきます。

外来検査部門の看護業務は、誰でも最初はできなくて、戸惑うことの多い職場です。「できない」とばかり思っているよりも、「やってみよう」「きっとできるはず」と挑戦する気持ちで仕事に取り組む気持ちが大切になってきます。

外来検査部門は、諦めずに、挑戦する気持ちを持っている方には、向いている職場だと思います。

さらに詳しく外来検査部門の看護師の向き不向きについて知りたい方は、「外来検査部門の看護師に向き不向きはあるの?」を読んでみて下さい。

転職する看護師が知りたい、外来検査部門の求人

看護師の求人は多くあります。しかし、その中でも「外来検査部門」と表記された求人はあまりありません。総合病院での求人は、外来とだけ指定されていることがほとんどです。

検査部門での勤務経験があるから、経験を生かして再就職で検査部門で勤務したいと思い、外来部門の求人に応募したとしても、どの部門での勤務になるかわからないのです。

面接時に経験を確認したうえで、「では、経験を生かして外来検査部門での勤務をお願いします」と言われることもありますが、はっきりとした外来検査部門の求人はないということがほとんどです。

さらに詳しく外来検査部門の看護師の求人について知りたい方は、「看護師の求人でも「外来検査部門」と表記された求人はあまりありません。」を読んでみて下さい。

まとめ

いかがでしたか?外来検査部門の看護師に転職する際に気になることや注意したい点についての疑問が解決しましたか?

外来検査部門の求人については、地域差もあるうえ、「外来検査部門」と表記された求人はあまりないので、詳しい情報を自分一人で手に入れることは難しいと思います。つまり、求人に記載がないので、あなたが外来検査部門への配属を希望していても、そうなる保証はないのです。

しかし、看護師転職サイトのコンサルタントに相談することで、外来の求人は外来検査部門なのかどうかの確認と、そうだった場合に配属確定条件で採用してもらえるように交渉してもらうことは可能なのです。

自分では確認しにくい情報を看護師転職サイトのコンサルタントが確認してくれます!あなたの外来検査部門の看護師への転職のサポートをしてくれます!

万が一に備え、看護師転職サイトに登録しておきましょう!

万が一に備え、看護師転職サイトに登録しておきましょう!

看護師転職サイトのおすすめ

【1位】マイナビ看護師

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社マイナビ

マイナビ看護師は看護師それぞれの状況に合わせた的確な非常口(転職先)を用意してくれます。実績豊富で質も高く、信頼出来ると評判です。質の高いサービスと求人数の多さが保証されており、おすすめです。

【2位】:ナース人材バンク

オススメ度:★★★★★☆
運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクもセカンドオピニオンとして登録しておくと、より確実な求人探しが可能になります。マイナビ看護師と併用して、2つの視点から求人を分析してもらいましょう。

こちらもおすすめ

運営者情報 | ナースの非常口とは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

ページのトップへもどる