循環器内科の看護師の志望動機は?

循環器内科の看護師の志望動機は?

転職の際面接時に必ず聞かれるのが志望動機ですが、よくあるのは「何故あなたは循環器内科に転職したいと思ったのですか?」という質問だと思います。

「どうしてだろう?ただなんとなくスキルアップには循環器内科がいいと思って・・」など曖昧な受け答えしかできないと、忙しいと言われる循環器内科で働くのに大丈夫だろうかと病院側は不安になってしまいます。

どういうことを学びたいと思って循環器内科を選んだのだろうか、循環器内科の看護師としてどんな看護師になっていきたいのだろうか、

具体的に学びたいことや看護師としての将来への目標がはっきりしていると、「前向きでやる気があるな。頑張ってくれそうだな」と病院側にも好印象与えることがでると思いませんか?

循環器内科の看護師の志望動機=心電図がわかるようになりたい

私も最初は心電図はどの波形も一緒に見えるし、わかるのは脈が速いか遅いかぐらいで不整脈の種類を見分けるのにも苦労しました。

ですが経験を積み重ねると遠くからでも心電図モニターが見えると「あれ、今のちょっと気になったな」と気がつくくらい心電図を読み取る力は身につきます。

他の分野で働いている看護師の中には「患者さんが心電図モニターをつけることになったんだけど、実は心電図が苦手で判別が難しくて困っているんだ」という方は結構いるんです。

学びたいけど、でも心電図に触れる機会が少ないためになかなか深く学ぶことができない。もっと心電図を理解できるようになりたいということをきっかけに循環器内科を選ぶ方もいるのではないでしょうか。

急性期で心電図をつけることが多いので循環器内科でなくてもいいかもしれませんが、循環器内科は不整脈の治療や心筋梗塞など心電図モニターの管理が重要な患者さんがたくさんおられます。

心電図を学びたい、心電図が変化する病気は何があるのか知りたい、何か起きた時それに対応できる看護師になりたいと思う方は循環器内科を選ぶと間違いないです。

心電図が読めるスキルは看護師として今後も強みになりますよ。

循環器内科の看護師の志望動機=急変に対応できる知識を身につけたい

循環器内科では患者さんの病状が悪くなる時は一瞬の出来事です。さっきまで廊下を歩いていたのに部屋に戻ってから様子がおかしくなったという場面にも遭遇します。

心筋梗塞であればすぐ先生を呼んでその間に心電図をとり、投薬がすぐ開始できるよう救急カートを配置し、心拍停止にも備え除細動器(AEDなど)を準備します。

循環器内科では急変しやすい病気が多いためこのような場面に遭遇することが多いです。

急変時に対応できる看護師になりたいという方には循環器内科は学ぶ機会が多い分野であると思います。

急変しやすい疾患を学べるだけでなく、救急外来やICUなどさらにスキルアップしていきたいと考えている方にも最初の基礎を身につけることができるのではないでしょうか。

循環器内科の看護師の志望動機=循環器の知識を学びたい

まだ循環器内科を経験したことがないからチャレンジしたい、スキルアップのために循環器内科を選びたいと思う方も多いのではないでしょうか?

循環器内科は心臓だけでなく呼吸器や腎臓、糖尿病など他の診療科も合わせて勉強しなければならないことも多く、経験しておくと看護師として強い分野と言われています。

忙しく大変な仕事場と言われていますが実は密かに人気のある分野であると私は思っています。

勉強するなら次は循環器内科にしたいと思うことはいいことですが、面接の時にはスキルアップのためになぜ循環器内科を選びたいと思ったのか、きっかけとなったエピソードがあると、

「この子はこういう経験から循環器内科を学びたいと感じてくれたんだな」とあなたの今までの仕事経験もわかってもらえ、より学んでいきたいという気持ちが伝わりやすいです。

循環器内科の看護師の志望動機=どんな看護師になりたいか目標がある

転職の面接の際、雇う側は働いてくれたら誰でもいいというわけではありません。

経験があるにしろないにしろ、看護師としてどのように働いてくれるだろうかという人柄や仕事に対する姿勢もみられています。

例えば「急性期の患者さんや家族の不安な気持ちに対処できる看護師になりたい」という目標があれば、そのためには急性期の看護を学びたいという循環器内科の志望動機にあてはまりますし、

患者さんの心のケアに寄り添いたいという看護観があると仕事をこなすだけでなく、患者さんや家族との関わりを大切にするあなたの姿勢も感じてくれるのではないでしょうか。

循環器内科の看護師の志望動機=患者さんの指導に関わりたい

循環器内科の病気には狭心症や心筋梗塞など動脈効硬化が引き起こすものが多く、生活習慣病を引き金に発症する病気です。

患者さんには禁煙の必要性、肥満の解消、高血圧の予防など生活習慣を改善できるよう指導していくことが循環器内科では重要になってきます。

それだけなく慢性期で心不全を繰り返しやすい患者さんには、塩分管理や水分管理の必要性を伝えていかなければならず患者さんや家族とじっくり関わることが必要な領域でもあります。

発症した病気を治療するのだけでなく、予防医学として患者さんがどのようにライフスタイルの改善をしていくべきか、指導の部分でじっくりと関わりたいという方にも循環器内科は良い経験ができる分野でもあります。

循環器内科の看護師の志望動機の例文はこちら!

・今まで○○病棟で▲年間勤務してきました。関わった患者さんで心臓疾患を持った患者さんを受け持つことがあり心電図モニターを装着していましたが、循環器の経験がないため心電図モニターに対応することに不安がありました。

そのことをきっかに心臓の病気や心電図をもっと経験し理解を深めたいと感じましたが病棟で心電図モニターの管理をする機会はとても少なかったため、もっと専門性を高めた循環器内科に思い切って転職したいと考えるようになりました。

・〇年間慢性期病棟で学んできましたが、急性期に関わる機会が少なく急変時の対応に関わったこともありません。自分は看護師として成長してきたつもりでしたが急変時の対応に弱く、さらにスキルアップしたいと考え急性期や急変時の看護を学んでみたいと思いました。

救急外来でゆくゆくは働いてみたいと考えていますが、まずは循環器内科で急変に必要な基礎を学んで行きたいと思っています。

・循環器内科は病院にあるのですが救急に対応していないため重症な患者さんは他の病院に転院してしまうこともありました。

循環器内科の慢性期の患者さんは関わったことがあるのですが急性期から回復期まで一貫とした看護に携わり循環器内科のスキルをさらに深めたいと思い、急性期医療に力を入れている〇〇病院で働いてみたいと考えています。

・今まで救急外来で勤めていましたが心臓疾患で運ばれてくる患者さんが多く、肥満や高血圧など何かしら生活習慣病をもっていることが経験としてわかりました。

病気を治すことだけでなく、患者さんに正しい知識を持ってもらうことが実は病気を治すことよりも大事なのではないかと感じ、患者さんに病気を繰り返さないためにどのような指導や関わりが必要なのかを学ぶために循環器内科で勉強してみたいと思いました。

まとめ

循環器内科で働いてみたいと思った志望動機は最初は些細なきっかけかもしれませんね。

転職や面接の際には言葉にすることが大事ですので、相手側に働きたい気持ちや勉強したいやる気が伝わるよう具体化してみましょう。

志望動機がよくわからなかったり、具体的に志望動機や目標をあげてみたけれど、これでいいのか自信のない方は転職サイトの転職コンサルタントに相談してみませんか?

循環器内科は病院の規模によって学べる内容に差が出てくる場合があります。また、教育体制が整っていないといざ循環器内科に配属されてもついていけず、せっかく配属されても途中で挫折しかねません。

循環器内科を学ぶのにどの病院が適しているか、雰囲気はどうなのか、教育体制は整っているのか、インターネットだけではわからないあなたの悩みを転職コンサルタントが解決に導き、転職をサポートしてくれますよ。

万が一に備え、看護師転職サイトに登録しておきましょう!

万が一に備え、看護師転職サイトに登録しておきましょう!

看護師転職サイトのおすすめ

【1位】マイナビ看護師

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社マイナビ

マイナビ看護師は看護師それぞれの状況に合わせた的確な非常口(転職先)を用意してくれます。実績豊富で質も高く、信頼出来ると評判です。質の高いサービスと求人数の多さが保証されており、おすすめです。

【2位】:ナース人材バンク

オススメ度:★★★★★☆
運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクもセカンドオピニオンとして登録しておくと、より確実な求人探しが可能になります。マイナビ看護師と併用して、2つの視点から求人を分析してもらいましょう。

こちらもおすすめ

運営者情報 | ナースの非常口とは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

ページのトップへもどる