新人看護師の落ちこぼれ…その解決法は?

新人看護師が悩む落ちこぼれ…その解決法は?

新人看護師の落ちこぼれって、一体何なんでしょうか?

看護師として働き始めたけれど「私って落ちこぼれだな…」と悩んでいる方は、多いです。

落ちこぼれたと感じるのはなぜなのでしょうか?

何かきっかけになることがあったのでしょうか?

ここでは新人看護師が悩む「落ちこぼれ」について解決法も含め、まとめていきます。

新人看護師の落ちこぼれとはどんな状態?

新人看護師が「私、落ちこぼれかも…」と悩んでいる場合、どのような意味で落ちこぼれという言葉を使っているのでしょうか?

看護師でいう落ちこぼれとは看護師としての仕事が満足いくほどできていない、仕事についていけないというような状態を指します。

このような状態になれば正直「看護師として落ちこぼれてるな…」と感じるのは当たり前のような気がします。

新人看護師が落ちこぼれて仕事についていけない…どうしたらいい?

新人看護師が落ちこぼれて、仕事についていけないといった相談は多く受けます。

新人看護師として入職した時には「頑張るぞ」と前向きな気持ちでいたあなたも、実際に働き始めて仕事についていけない状況になったら悩みますよね。

また一緒に入った同期の新人看護師があなたより先に様々なことに取り組んでいくのを見ていたら「私って落ちこぼれだ…」と感じてしまうでしょう。

分からないことを勉強してもいざという時には頭が真っ白になり、何もできないこともあります。

特に患者さんが急変してしまった時なんかそうなってしまいます。

解決法は?

まずは看護師としての知識や技術を身に付けることを大切にしていきましょう。

勉強をするということは継続していかなければ意味がありません。

また「同期が先に経験したから私も!」という前向きな気持ちも大切ですが、目の前の課題を解決していくことが周りの先輩看護師からの信頼にもつながります。

そして分からないことをしっかりと解決していくことも意識していきましょう。

先輩看護師に質問してその場で解決するということを続けるようにしましょう。

新人看護師が落ちこぼれたと感じるきっかけとなる急変についてを詳しくまとめた「新人看護師 急変」「新人看護師 覚えること」がありますので合わせて確認してみましょう。

新人看護師の落ちこぼれ、病棟で働いていない私も、まさか…?

新人看護師が落ちこぼれだと感じてしまう原因のひとつに、職場が病棟かどうかもあります。

もちろん、新人看護師だからと言って病棟で働いているとは限りませんよね。

中には「高齢者と関わりたい」と介護施設の看護師を選ぶ方もいます。

中には「急性期で働かなければ看護師として成長しない」「急変の対応をしたことがあるの?」などと言ってくる人もいます。

こんなこと言われたらそれに当てはまるところで働いていない新人看護師なら「私って落ちこぼれなのかな…」と悩むことになります。

直接的に「施設で働いているのは落ちこぼれだよね」と言ってくる人も正直言っています。

こうした人たちは看護師の仕事を何だと思っているのでしょうかね?

したい看護をしているのだからそんなことを言われる筋合いはないのですが。

解決法は?

新人看護師のあなたが「私は高齢者と関わるために看護師になったの!」という強い意志があってその職場で働いているならそれを前面に出しましょう。隠すことはないのです。

だって自分のしたい看護をしているのだから。

また「急性期を経験しないと一人前でない」と考えている看護師(または看護師でない人)は放っておきましょう。急性期で働いていたら今よりもつらく、看護師の仕事をあきらめてしまうかもしれません。

新人看護師が「私、落ちこぼれ…?」という気持ちを持たないために

新人看護師が落ちこぼれたと感じている場合、何かそのきっかけになったことがあるのかもしれません。

それが仕事でのミスや先輩看護師から言われたこと、誰かに何か言われたことなど…

きっかけになることはたくさん考えられます。

上でもお話をしましたが、あなた自身の態度などに問題がなかったのかということを今一度振り返ってみましょう。

もしかしたら何か思い当たる節があるかも知れませんよ。

仕事でミスをしてしまった

新人看護師が最初から完璧に仕事ができたらある意味すごいです。

そんな新人看護師に出会ったことがないですけどね。

というくらい新人看護師はミスをするもの、と周りは思っています。

しかし看護師の仕事は患者さんの命に関わることもあります。

薬のミスなど重大なミスを繰り返しているようだと(あってはならないですが)先輩看護師も同情することはなく、厳しい対応になっていくでしょう。

そしてあなた自身も「こんな大きなミスをする自分は看護師として落ちこぼれている…」となりますよね。

解決法は?

多少のミスについては同じミスを繰り返さないようにしていくことが大切です。

ミスをした場合、先輩看護師からきつく注意をされることもあるでしょう。

その時に「私はダメなんだ…落ちこぼれだ…」と悩むのではなく、気持ちを切り替えていきましょう。

あまりにもネガティブな気持ちでいると、ミスを繰り返してしまい、本当の落ちこぼれになりますよ。

先輩看護師から言われた一言がダメージだった

指導する先輩看護師はあなたを育てようとして厳しい言葉をかけることがあります。

中には弱い立場にある新人看護師をいじめてストレス発散をしている人もいますけどね。

成長させるためとはいえ、厳しい言葉をかけられたらできないことを認識させられ、「落ちこぼれかも…」と感じるかもしれません。

解決法は?

先輩看護師の言葉に関しては新人看護師のあなたがどうすることもできません。

あまりにもひどい言葉をかけられるようなら信頼できる人に相談するようにしましょう。

またあなたの態度で先輩看護師が微妙な空気を感じているかもしれませんので振り返ってみましょう。

落ちこぼれているかも…と悩んだら転職や退職もあり

落ちこぼれているかも、と感じていて今の職場でどうしようもできない時には転職や退職をするのもありです。

落ちこぼれているかもという気持ちを引きずったまま仕事をしていると、仕事に集中できなくなりミスが多くなります。

また患者さんから頼まれたことを忘れてしまうなどで患者さんからの信頼は無くなってしまいますよね。

急性期で落ちこぼれているのなら慢性期などに転職する

急性期で働いている新人看護師のあなたが仕事についていけないなどで落ちこぼれていると感じているのであれば一度急性期から離れてみたらどうでしょうか?

別に急性期でなくても看護師として働けるのであれば新たな職場でやりがいを見つけることもできますよ。

今の仕事とは違う職場へ転職するのもあり

急性期で落ちこぼれているのであれば慢性期に転職、ということを上でお話ししました。

それと同じように今いる職場での仕事内容が合わないのであればガラッと違うところへ転職するのもいいかもしれません。

病棟の忙しさが合わない…と思っているのであれば外来やクリニックへの転職、もっとゆっくりと患者さんと関わりたいと思っているのであれば療養型や介護施設への転職なんかどうでしょうか?

どの職場でも働いていることでやりがいを見つけることができます。

また新人看護師だからと言って転職が難しいと言うわけではありません

新人看護師の転職の時のポイントは次で説明していきます。

まとめ

ここまで新人看護師の落ちこぼれについてまとめてきましたが、いかがでしたか?

今実際に落ちこぼれかもと悩んでいるあなた、これからどうしたいですか?

看護師として働き続けたいのであれば転職サイトを活用しての転職をおすすめします。

転職サイトに登録するとあなたに担当の転職コンサルタントがつきます。

そして落ちこぼれたと感じている理由が何かを転職コンサルタントに話しましょう。

その転職コンサルタントがあなたが落ちこぼれと感じないような職場を調べてくれます。

新人看護師のあなたが看護師として働くことをあきらめないためにも転職サイトの活用をし、転職コンサルタントのサポートを受けて落ちこぼれと感じないような職場へ転職を成功させましょう。

万が一に備え、看護師転職サイトに登録しておきましょう!

万が一に備え、看護師転職サイトに登録しておきましょう!

看護師転職サイトのおすすめ

【1位】マイナビ看護師

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社マイナビ

マイナビ看護師は看護師それぞれの状況に合わせた的確な非常口(転職先)を用意してくれます。実績豊富で質も高く、信頼出来ると評判です。質の高いサービスと求人数の多さが保証されており、おすすめです。

【2位】:ナース人材バンク

オススメ度:★★★★★☆
運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクもセカンドオピニオンとして登録しておくと、より確実な求人探しが可能になります。マイナビ看護師と併用して、2つの視点から求人を分析してもらいましょう。

こちらもおすすめ

運営者情報 | ナースの非常口とは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

ページのトップへもどる