新卒看護師と第二新卒の看護師が整形外科・リウマチ科クリニックに就職する時の4つのポイント

新卒看護師と第二新卒の看護師が整形外科・リウマチ科クリニックに就職する時の4つのポイント

看護師になって初めて働く環境はどんなところであるか、やっていけるか、人間関係はどうだろうか、など様々な不安があります。

その中で整形外科・リウマチ科クリニックに就職すると決めた時にどんなことに気を付けておくといいか、いくつかのポイントを挙げていきます。

新卒看護師と第二新卒の看護師は整形外科・リウマチ科クリニックに就職できるの?

結論から言うと、就職することはできると思います。

しかし、クリニックの業務において、新卒よりも多少経験のある第二新卒の方が採用されやすいかもしれません。

クリニックとはいえ医療現場であり、クリニック内でどんなことが起こるかは分かりません

そうなると急変時や、緊急時には経験のあるスタッフの方がその場の状況に合わせ臨機応変に動くことができ、緊急時の対応も経験や知識があることで雇い主は安心します。

採用する側の考えでこの辺は変わってくると思います。

一からすべて指導し、職場に慣れていくことはとても大変です。

その為指導する人員も十分に確保できていないと新しい方の対応はとても難しいです。

そのような人員の確保ができているクリニックであれば新卒でも就職可能です。

新卒看護師が整形外科・リウマチ科クリニックに就職する時の心構えはどんな事?

看護師として働けるようになったばかりで、臨床での経験がない状態でのクリニックへの就職はとても不安が多いです。

どんな仕事内容なのか、どんな知識があればいいのか、どんな環境か。誰もが持つ漠然とした不安ではないでしょうか。

そんな不安を解消する為にもいくつか心得ておくことで不安も解消できると思います。

まずは外来の業務について理解を深めておくこと。病棟と外来では仕事内容が全く異なります

病棟では自分自身で情報収集を行い、患者さんに必要な看護をプランニングし必要なケアを実践していきます。

外来でも患者さんにケアを行うことももちろんありますが、多くは診療の補助になると思います。

それ以外には採血をしたり、点滴の管理をしたり、処置の準備、補助になります。

次に業務内容が多いことです。

病棟では色々な部門の人たちが働いています。

薬剤師や環境整備担当の方、滅菌業務をする方など様々な部門の方がそれぞれの仕事を行い看護師や医師がすぐに動けるように環境を整えてくれています。

クリニックとなるとその環境を整えるのは自分自身です。

滅菌を行ったり、ガーゼを作ったり、物品の確認、使用期限の確認、発注など様々あります。

クリニックの規模にもよりますが、このような業務も看護師の業務になってくるところもあります。

少し仕事内容が多岐にわたり多くなるかもしれませんが、一つ一つ覚えていけばすぐにこなせるようになります

第二新卒の看護師が整形外科・リウマチ科クリニックに就職する時の心構えはどんな事?

第二新卒の看護師の場合、一般病棟での経験がある分、基本的な知識に関しては問題なく行えるであろうと迎える側は思っていると思うので、できる事、分かることは明確にして相手に伝える必要があります。

どの程度の業務内容はできるのか、分からない処置はどんなことかを明確にしておくことで、指導内容や任せられる業務内容も変わってきます。

知っているであろうと思われたまま業務をしていくとなると分からない時や不安になった時になかなか聞きづらくなってしまうので、ここはしっかり伝えておくことでその後の業務に対する不安は軽減できます。

また病棟での業務と外来での業務はだいぶ変わってきます。

今まで病棟勤務だった場合には24時間看護記録をみれば患者さんの状態が分かり、状態の変化や注意しなければいけないことなどは大体わかります。

しかし外来となると患者さんの情報は来院時のみに患者さん自身から得られた情報でしかわかりません。

例えば実施した注射薬の副作用の有無や注射部位の状態、薬の効果などは患者さん自身から情報を得て確認していく必要があります。

その為慣れるまでは状態の変化がないか、実施した看護処置が問題なかったかなど心配になることもあるかもしれません。

そのような不安につながらないように十分に確認業務をしっかり行ったり、同僚の方との確認作業を怠らずに業務を実施していくといいです。

整形外科・リウマチ科クリニック以外から整形外科・リウマチ科クリニックに就職する場合どんなことを念頭にしておけばよいの?

今まで他の分野のクリニックや病棟での臨床経験がある場合、整形外科・リウマチ科クリニックでの一日の流れや簡単な処置に関して基本的な知識があると思うので、心配はないと思います。

しかし、整形外科・リウマチ科となるとかなり専門的な処置や治療が多くなります。

その為新たに覚えなければならない処置や薬などたくさんあります。

業務内容も少し多くなると思うので、初めのうちは少し大変かもしれません。

内科病棟や内科専門のクリニックに比べると処置も多く、緊急性の高い方も来院される場合があります

例えば手術が必要な骨折をしている場合や、すぐにMRIを行い病状の確認をしなければならない状態の場合など様々あります。

どんな疾患があるのか、どんな処置があるのかなどは一度おさらいしておくといいかもしれません。

整形外科ならではの処置といえば包帯を巻いたり、コルセットの着用方法を指導したり、松葉杖の使用方法を説明するだけでなく、松葉杖の長さの調整なども看護師の業務になってきます。

やればなれていくことではありますが、一つ一つ分からないことを明確にして、できるようにしていくのが早く慣れるコツではないかと思います。

整形外科・リウマチ科クリニックから整形外科・リウマチ科クリニックに就職する場合どんなことを念頭にしておば良いの?

同じ専門分野で働いたことがあるならば仕事の内容は十分に理解していると思われるので、とてもスムーズに業務をこなすことができると思います。

整形外科・リウマチ科と大まかに分野は定められていますが、整形外科でも様々な専門部位があります

膝に詳しい医師、股関節に詳しい医師、肩関節に詳しい医師と色々あると思います。

医師の専門部位はどこであるのかを確認しておくことで、業務内容にどんな処置が多いのか、来院患者さんはどんな方が多いのかなどを事前にしっていればスムーズに働けるのではないかと思います。

物品や薬品などもそれぞれのクリニックによって医師の使いやすいものであったり、安全性の高いものや、コスト面を考慮したものなど様々なものがありますので、初めて見る物品や、使ったことのない固定具があったりするかもしれません。

どんな物品を使用しているのか、今までのクリニックと違う部分を確認し、知識を深めていくといいと思います。

またクリニックの規模によっては業務内容も異なってきますので、その点でもどれぐらいの規模のクリニックであるのかなども確認していくといいです。

新卒看護師と第二新卒の看護師が整形外科・リウマチ科クリニックに就職する時の注意点3つ!

初めての職場では何もかもが分からないことだらけで不安も多く、何をするにも時間がかかってしまったり、緊張する場面も多いと思いますが、以下の3つを注意していけば徐々になじむことができると思います!

  1. できる事、分からないことは明確にしておくこと!!
  2. 看護ケアだけが業務ではない!
  3. 患者さんとのコミュニケーションを十分に図ること!

できる事、分からないことは明確にしておくこと!!

新卒だったならば何もかも分からないことだらけで不安が沢山あると思います。

第二新卒の場合でもブランクがあったり、技術面で経験のないものがあるかもしれません。

分からない、出来ない事を明確にしておかないといざ業務になった時、指導しくれる方が常に一緒にいてくれるのであればすぐにわからないことを聞くことができますが、クリニックになると終始一緒にというのは難しくなる時もあります。

分からなくて業務が滞ってしまうと気持ち的に焦ってしまい、不安も強くなります。

そんなときその不安は患者さんに伝わってしまう場合もあります

出来ないことをできないという勇気もいりますが、言わなかったことで患者さんへ負担や迷惑をかけてしまうことはあってはならないことですので、その点は十分に注意して事前に指導者へ伝えておくといいです。

そうすることで事前にできない技術を練習する機会を作ることが出来たり、知識を深める勉強会を開いてもらえる場合もあります。

小さなクリニックだからこそ十分にスタッフとコミュニケーションを図り不安を解消して業務を行っていくといいです。

看護ケアだけが業務ではない!

病棟での実習や業務では看護ケアに専念して業務を行うことができていたと思います。

それは様々な部門の方たちと協力して患者さんの入院生活をより良いものに環境を整えることができていたんだと思います。

しかしクリニックでの業務ではクリニックの規模によりますが、沢山の部門の方々がいるわけではありません。必要最低限の人員しかいない場合もあるかもしれません。

その為看護師自身が自分の働く環境を整えていく必要があります

滅菌作業、ガーゼの作成、薬品管理、備品の在庫管理、患者さんの次回診察予約、レントゲン室への案内など、あげだしたらたくさんあります。

業務内容が多く感じるかもしれませんが、これがクリニックでの業務内容ですので、一つ一つ確実に覚えていって業務をスムーズにこなせるように知識を深めていくといいです。

患者さんとのコミュニケーションを十分に図ること!

病棟では24時間患者さんの状態を看護記録で確認することができます。

その為実施した看護内容の評価、投薬した薬の効果など、すぐに確認することができます。

しかし整形外科・リウマチ科クリニックでは毎時間確認することができるわけではありません。

クリニック内にいる時間でしか評価することはできません。

その為通院している方には自宅での状態はどうであったか、前回の処置から今回の来院に至るまでの症状の変化はどうであったか、ADLはどれくらい維持できているかなど、少ない時間で細かく情報収集をしていく必要があります

患者さん自身も、色々話ができることで不安が解消出来たり、症状の経過が分かったりと安心できることもあります。

クリニックで接する時間が少ないからこそ、忙しい業務の合間に積極的にコミュニケーションを図れる時には時間を調整して患者さんとの時間を作っていくと信頼関係も気付いて行けます。

まとめ

新しい環境で初めての仕事となるととても不安が多く、環境になじめるか緊張する場面が沢山あります。

整形外科・リウマチ科での業務は専門性も高く、処置や業務も多いです。

今後の職場として興味を持っていただけたのなら、自分自身に最も合った環境の整形外科・リウマチ科クリニックで働くことができるように転職サイトに登録するのもいいと思います。

万が一に備え、看護師転職サイトに登録しておきましょう!

万が一に備え、看護師転職サイトに登録しておきましょう!

看護師転職サイトのおすすめ

【1位】マイナビ看護師

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社マイナビ

マイナビ看護師は看護師それぞれの状況に合わせた的確な非常口(転職先)を用意してくれます。実績豊富で質も高く、信頼出来ると評判です。質の高いサービスと求人数の多さが保証されており、おすすめです。

【2位】:ナース人材バンク

オススメ度:★★★★★☆
運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクもセカンドオピニオンとして登録しておくと、より確実な求人探しが可能になります。マイナビ看護師と併用して、2つの視点から求人を分析してもらいましょう。

こちらもおすすめ

運営者情報 | ナースの非常口とは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

ページのトップへもどる