新卒はNICUの看護師になれるが、デメリットは理解するべき!

新卒はNICUの看護師になれるが、デメリットは理解するべき

NICUは学生時代の授業や臨地実習の中でもなかなか詳しく扱われずどのような病棟なのか分からないため、子どもに関わった看護をしたいと思っている方でも就職した後の配属先としては小児科を希望する方が多いと思います。

しかし中にはやはり小児よりも赤ちゃんにこだわって、新卒での配属先にNICUを希望したい!という方もいると思います。

新卒でNICUの看護師になるための心構えと方法をお伝えしたいと思います。

新卒はNICUの看護師のデメリットを理解した上でならなければいけない理由

  1. デメリットを理解していないと看護師としてのキャリアに影響が出てくる!
  2. 精神的なダメージから早期退職につながることも!

デメリットを理解していないと看護師としてのキャリアに影響が出てくる!

NICUの看護師に新卒で配属されると様々なデメリット(これに関しては後述してあります。)があるために、その後のあなたの看護師としてのキャリアに影響が出てくる可能性があるからです。

NICUの看護師はそのデメリットから看護師としての働き方が制限されてくるときもあります。

またあなたが理想とする看護師のキャリアがあるならば、NICUに新卒で配属された後、どのように働けば理想に近づけるのか、考える手助けになるからです。

精神的なダメージから早期退職につながることも!

NICUの看護師に新卒でなることのデメリットを理解せず、覚悟できていないままNICUに入職すると、精神的なダメージが大きく、早期に退職になってしまうことがあります。

特にNICUでの看護に対して大きな期待を抱いて入職すると、現実とのギャップが激しく、ギャップに耐えられなくなり退職につながることがあります。

なのでNICUのデメリットや現実を理解することで精神的なダメージを抑え、早期退職を防ぐことができるからです。

新卒でNICUの看護師になるデメリットとメリットとは?

  1. 新卒でNICUの看護師になるデメリット
  2. でもNICUだからこそのメリットもある!

新卒でNICUの看護師になるデメリット

新卒で特殊性の高いNICUの看護師になるということは、これから長い看護師生活を考えるとメリットよりデメリットの方が多いかも知れません。

なのでここではあえてデメリットの方からあなたにお伝えしたいと思います。

  1. 看護技術が身につかない
  2. コミュニケーション技術が身につかない
  3. 精神的なダメージが大きい

1つ目のデメリット、看護技術が身につかない

学生時代に、学内実習や臨地実習で何度も繰り返し練習を行った看護技術ですが、NICUではその多くを使うことはありません。

洗髪や清拭も成人と新生児では基本の看護概念は同じですが、方法が違います。

注射や点滴もNICUではドクターが行うため、看護師が患者さん(赤ちゃん)に針を刺すことはありません。

なので同期で他の病棟に配属された看護師に比べると、圧倒的に一般的な看護技術に触れる機会は少ないですし、技術の習得も不十分になる可能性は高いです。

もしNICUを離れて他の病棟や個人病院等で働くことになった場合、看護技術の習得が未熟なために苦労することが多くなる可能性があります。

2つ目のデメリット、コミュニケーション技術が身につかない

成人の病棟であると、患者さん個人の気持ちや意思があり自ら声にして発してくれますし、看護師はそれをうまく引き出すための会話やコミュニケーションの仕方を日々学び実践していくことで患者さんとの信頼関係が築けていったり、患者さんと医療者が同じ目標を持って治療に臨んだりすることができます。

しかしNICUにいる赤ちゃんたちは自分の気持ちや意思を言葉にして発することはありません。

もちろんNICUでは赤ちゃんだけではなく、ご家族の看護も同時に行っていきますが、ご家族が病棟にいて看護師とコミュニケーションをとる時間は短いです。

そして患者さんと直接会話するのと、ご家族と会話するのでは看護師としての関わり方も違ってきます。

なので患者さんと会話やコミュニケーションをとり方を学ぶという意味では、NICUの看護師はそれを学ぶ機会は少ないと思います。

NICUで働いた後に成人の領域で働く場合には、患者さんとの関わり方に大きな違いがあるので、また1から学んでいくこととなります。

3つ目のデメリット、精神的なダメージが大きい

NICUは入院している患者さんがみんな赤ちゃんです。

なので入院している赤ちゃんの中には、普段目にするような一般的な真ん丸で柔らかいかわいい赤ちゃんとは違っている子もいます。

正直言うと、言い方は悪いですが、わたしもNICUに入職し様々な赤ちゃんを看ている中で何度も、こんな風に生まれてしまうこともあるのかと衝撃を受けました。

そして小さな体にいくつものルートや医療機器がつけられ、治療を受けています。中には病に勝てず亡くなってしまう子もいます。

生まれたばかりの子たちが、外にも出れず、家族が待つ家にも帰れず、小さな体で病と闘う姿を見続けることは、精神的にも大きなダメージになってくることもあります

またNICUではご家族と看護師との関わりが大きいですが、赤ちゃんと一緒にご家族が病気と闘いながら苦しんでいらっしゃることも精神的なダメージになり得ます。

でもNICUだからこそのメリットもある!

やはりあなたが新卒で入職してから長く看護師として働き続けるのであれば、NICUの看護師に新卒でなることはデメリットが大きいかもしれません。

しかしNICUで働くことはデメリットばかりではありません。

  1. 全身の解剖生理を身につけることができる
  2. 経験を生かすことができる
  3. 長く働くことができる

1つ目のメリット、全身の解剖生理を身につけることができる

NICUは先天性の疾患や新生児特有の疾患をすべて扱っています。ということはNICUの看護師は全身の解剖生理を理解しておかなければならないということです。

解剖生理は医療知識の基礎となるので、NICUで身につけた解剖生理の知識は他の病棟に行っても役に立ちます

2つ目のメリット、経験を生かすことができる

この経験を生かすことができる、というのは2つの意味があります。

1つ目はNICUの看護師としての経験を、自分の子育てに生かすことができるという意味、2つ目は自分の子育ての経験を看護に生かすことができるという意味です。

新卒でNICUに入職される方のほとんどは子育てをしたことがない方だと思います。

そんなあなたが病気と闘っている赤ちゃん、ご家族の看護をすることは、今後あなたがそのように家族を持ち子育てをする時に助けになるでしょう。

あの時、赤ちゃんああやったら泣き止んだなとか、あのお母さんすごくポジティブに子供のことを考えていたなとか、他の病棟では経験することのないNICUの看護師としての経験があなたの私生活にもいい影響を与えることになります。

また長い看護師の経歴の中で、もちろん新卒で入職したNICUから異動してしまう方が多いですが、中には希望してNICUで長く働き続ける方もいます。

そういう方は子育てを経験された方が多く、赤ちゃんがNICUに入院になって今後のことや育児に不安を抱いているお母さんに、自分の経験を話すことで安心感を与えることができます。

このようにNICUの看護師は、看護師としての経験を自分に、自分の経験を看護師に生かすことができます

3つ目のメリット、長く働くことができる

先ほどの2つ目のメリットの中にも少し書きましたが、病院によっては希望すればNICUから異動することなく長く働き続けることができます。

しかし看護師として長く働くにあたって心配なことは体力面ですよね。

NICUでは看護の対象が主に赤ちゃんなので、成人のように大変な体位交換や清潔ケアなどは行わないので、腰痛などのリスクも低く、長く働きやすい職場であるといえます。

新卒でNICUの看護師にスムーズになる方法

そもそも新卒でNICUの看護師にスムーズになるにはどうすればいいのでしょうか?

NICUは全国的に配置されている病院が少ないため、NICUの看護師になりたいと思うのであれば、まずどの病院にNICUが配置されているか確認してから就職活動を行わなければなりません。

そして病院によっては、NICUの特殊性により、新卒ではなく他の病棟で経験を積んだ看護師のみ配属を行っている病院もあるので、就職活動の時に一緒に確認していかなければなりません。

もし新卒でもNICUに配属が可能な病院であれば、就職試験の面接や入職前の事前アンケート等でNICUに配属を希望していることをアピールしておけば入職後にスムーズにNICUに配属してもらえることもあるので、自分の意思を病院にはっきり伝えていくといいと思います。

新卒で楽にNICUの看護師になるには転職サイトを利用する

しかし、就職活動でNICU配置されている病院を探し、他の病棟で経験を積んだ看護師のみ配属を行っている病院ではないことを一つ一つ確認していくのは大変ですよね。

また、初めての就職活動ということもあって面接や事前アンケートでどういった具体的なアピール方法がいいのか自信がないかもしれません。

そこでおすすめなのが、当サイトランキングの、NICUの求人に強い転職サイトへ登録へして、専門のコンサルタントに調べてもらったり、アピール方法をアドバイスしてもらうことです。

すべて無料で登録も簡単ですので、あなたはただ、NICUの看護師として働きたい!と伝えるだけでいいのです。そしてNICUの看護師になって、あなたのやりたかった看護を思う存分やって看護師になってよかったと実感してください。

万が一に備え、看護師転職サイトに登録しておきましょう!

万が一に備え、看護師転職サイトに登録しておきましょう!

看護師転職サイトのおすすめ

【1位】マイナビ看護師

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社マイナビ

マイナビ看護師は看護師それぞれの状況に合わせた的確な非常口(転職先)を用意してくれます。実績豊富で質も高く、信頼出来ると評判です。質の高いサービスと求人数の多さが保証されており、おすすめです。

【2位】:ナース人材バンク

オススメ度:★★★★★☆
運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクもセカンドオピニオンとして登録しておくと、より確実な求人探しが可能になります。マイナビ看護師と併用して、2つの視点から求人を分析してもらいましょう。

運営者情報 | ナースの非常口とは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

ページのトップへもどる