看護師の仕事が続かないからといってダメ看護師ではない

仕事が続かない看護師だからといってダメな看護師ではない

「看護師の仕事が続かなくって…」と悩んでいる方、もしかしたら仕事選びがうまくいっていないのかもしれません。

あなたにとってぴったりの職場に出会えれば看護師として長く働くことができますよ。

しかしどうやったら自分にぴったりの職場に出会えるのか分からないとお悩みの方もいるでしょう。

ここでは看護師の仕事が続かない理由や看護師を続ける秘訣、あなたにぴったりの職場を見つける方法についてお伝えしていきます。

看護師で仕事が続かないのは身体的にも精神的にもハードだから

看護師の仕事が続かない、と悩む人が多いのは何故でしょうか?

看護師の仕事はハードだからです。

それは患者さんの命を預かることが大きく関係しています。

そして夜勤をすると不規則勤務になり、身体的にもハードです。

他にも精神的にもハードな部分がありますので一緒に確認していきましょう。

身体面のハードさとは

看護師が身体面でハードだと感じるのは

  • 不規則勤務
  • 患者さんのケアをする時の姿勢
  • とにかく動き回る

ということが挙げられます。

まず不規則勤務に関しては日勤をして夜勤をして、中には早番やロング日勤など、普通の会社員では考えられないような不規則な動きをしているのが身体的にハードさを増す理由となります。

不規則勤務では疲れが取り切れないまま次の勤務をするため、体には相当負担がかかります。

そして次にお伝えする精神的な面にも大きく関係してくると言えます。

次に患者さんのケアをする時の姿勢です。

ベッドの高さが低すぎるまたは高すぎるという時には不自然な姿勢でケアをすることになり、腰に負担がかかります。

またベッドから車いすなどの移乗をする動きも腰や膝に負担がかかってしまうため、腰痛などの原因となってしまいます。

そして何よりも忙しく仕事中動き回るのが看護師です。

特に急性期では毎日緊急の受け入れをする、急変がある、手術があるなどの理由でバタバタと動き回り、休憩時間をしっかりと取ることができない環境の場合もあります。

そうなるとかなり身体には負担がかかってしまいます。

精神的なハードさとは

では精神的なハードさも確認していきましょう。

精神的にハードな理由としては

  • 患者さんの命を預かっているというプレッシャー
  • 不規則勤務で体の疲れが取れない
  • 人間関係

が挙げられます。

まず患者さんの命を預かっているプレッシャー、看護師ならだれでも感じることです。

少しのミスでも影響してくるというのは他の仕事にはないプレッシャーです。

またそこに不規則勤務での疲労が蓄積している状態が合わさってくると…もう精神的に病んでしまいますよね。

そして最も精神的な面に影響してくるのは人間関係です。

人間関係が良い職場であればそれなりに精神的な負担もないのですが、人間関係が悪いところでは精神的な負担が大きくなってしまいます。

これら精神的な面でのハードさは、知らず知らずのうちにあなたを追い詰めてしまい、体調を崩してしまう原因となり、看護師の仕事が長続きしない理由となります。

看護師の仕事が続かないのは、転職を繰り返すから

看護師の仕事が続かないという人が多い理由に、転職も挙げられます。

今では看護師の求人はスマホやパソコンなどから簡単に探すことができます。

少しでも「今の仕事が嫌だな」と感じたら求人を探し、いい条件のところがあるとすぐに病院を変えてしまう看護師もいます。

そうしたことを繰り返してしまう場合、転々としてしまう看護師になってしまいます。

もともと飽きっぽい性格、看護師としての向上心がない場合にはこのような職場を転々とすることが多いです。

今の仕事が嫌だと少しでも条件がいい職場を見つけた時に「すごくいい」と感じてしまいますが、実際転職してみると「そうでもなかった」となることもあり、すぐに仕事が嫌になり、転職をするという繰り返しになってしまいます。

これを防ぐにはやはりあなたにぴったりの職場を探すことが大切なことになります。

 

看護師の仕事が続かないのは当たり前?離職率がそもそも高い

看護師の仕事が続かない人は少なくありません。

それには看護師の離職率も関係しています。

離職率については日本看護協会が調査した結果(2015年度)がありますので確認していきます。

  1. 新卒看護師と常勤看護師の離職率
  2. 離職率が高いのは小規模病院
  3. 看護師の離職率から分かること

新卒看護師と常勤看護師の離職率

離職率は

  • 新卒看護師:7.8%
  • 常勤看護師:10.9%

となっています。

新卒看護師は2011年度以降7%台後半を維持しています。

一方、常勤看護師の場合は前年度より0.1%高く、2010年度に11%になってから横ばい状態となっています。

離職率が高いのは小規模病院

新卒看護師も常勤看護師もどちらも離職率が高いのは個人病院や小規模病院です。

その中でも個人病院の離職率は

  • 新卒看護師:17.6%
  • 常勤看護師:17.3%

となっており、全体平均よりも高いのが分かります。

(参考:http://www.nurse.or.jp/up_pdf/20170404155837_f.pdf

看護師の離職率から分かること

常勤看護師は10人に1人離職するということが分かりました。

そのことから看護師の仕事が長続きしない人がいるのもうなずけませんか?

特に個人病院に勤務している看護師であれば全体よりも高い離職率であり、10人に2人に近い看護師が退職していることになります。

看護師の離職率が高めのことから分かるように、仕事が続かない看護師だけが悪いわけではなく、働く環境などが関係しているということとも言えます。

看護師の仕事が続かないなら、続ける秘訣を知ろう

看護師の仕事が続かない人が、しっかり続けられるようになるにはどういうことが必要なのでしょうか。

ここでは看護師を続ける秘訣をお伝えしていきます。

  1. まずは仕事が続かなかった原因を知ること
  2. 「絶対にこれだけは譲れない」ということを決める
  3. 仕事を含めて自分の生活を振り返ってみる

まずは仕事が続かなかった原因を知ること

あなたにとって看護師の仕事が長続きしない原因として何があるか理解していますか?

これが分からないと何度も転職を繰り返してしまう原因になります。

例えば

  • 思っていた仕事内容ではなかった
  • 自分のレベルに合っていなかった
  • 残業が多いなど勤務時間の問題
  • 人間関係の悪さ

などが挙げられますが、当てはまるものがありますか?

これらに当てはまる場合、転職をした際にあなたの希望する条件に対して妥協した部分があったからと言えます。

もし転職するならあなたが持つ看護師としての職場の条件を満たしたところにすることが看護師の続ける秘訣になります。

「絶対にこれだけは譲れない」ということを決める

先ほどお伝えした条件のようにあなたにとって「これだけは絶対に譲れない条件」をしっかりと決めましょう。

決めておくことで条件を妥協することなく転職先を決めることができ、結果看護師を続けることができるのです。

仕事を含めて自分の生活を振り返ってみる

看護師の仕事に限らず、仕事が長続きしない、転々としている人の場合、その人自身に問題があることも少なからずあります。

例えば

  • 嫌なことがあったらすぐに逃げる
  • ミスをした時に人のせいにする
  • だらしのない生活をしている

などです。

もし当てはまるようなら今日から意識を変えてみてはいかがでしょうか?

まとめ

ここまで看護師の仕事が続かないということに注目し、まとめてきましたがいかがでしたか?

看護師の仕事が長続きしない、転々とするということには

  • 看護師の仕事がハードである
  • 求人情報に目移りしてしまう
  • そもそも看護師の離職率が高いことで離職するような雰囲気がある

が関係しています。

転職コンサルタントに長く続けることができる職場を探してもらう

しかし一度転職したら長く働きたいと思っている方も少なくないでしょう。

これらの原因を解決できる職場に転職するには転職サイトへの登録がおすすめです。

転職サイトへ登録すると担当の転職コンサルタントがあなたをサポートしてくれます。

  • 看護師の仕事がハードである
  • 求人情報に目移りしてしまう
  • そもそも看護師の離職率が高いことで離職するような雰囲気がある

といったところを避けることができます。

長続きするための秘訣であるあなたの「絶対この条件でなければ嫌だ」という思いをくみ取った転職先を探してくれます。

転職サイトへ登録し、転職コンサルタントのサポートを受けることで看護師として長く続けることができる職場を探すことができますのでぜひ活用してください。

万が一に備え、看護師転職サイトに登録しておきましょう!

万が一に備え、看護師転職サイトに登録しておきましょう!

看護師転職サイトのおすすめ

【1位】マイナビ看護師

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社マイナビ

マイナビ看護師は看護師それぞれの状況に合わせた的確な非常口(転職先)を用意してくれます。実績豊富で質も高く、信頼出来ると評判です。質の高いサービスと求人数の多さが保証されており、おすすめです。

【2位】:ナース人材バンク

オススメ度:★★★★★☆
運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクもセカンドオピニオンとして登録しておくと、より確実な求人探しが可能になります。マイナビ看護師と併用して、2つの視点から求人を分析してもらいましょう。

こちらもおすすめ

運営者情報 | ナースの非常口とは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

ページのトップへもどる