看護師が円満退職をする方法…仕事を辞めるタイミングって?

看護師が円満退職をする方法…仕事を辞めるタイミングって?

看護師の円満退職についてが、今回のテーマです。

長い看護師人生の中、誰もが退職を検討することがあると思います。

または、今現在、現実的に退職を検討している人もいるのではないでしょうか?

「転職成功!」、「退職成功!」となるまでのステップの中で、よくトラブルになるのが退職についてです。

誰でも、出来ることなら円満な退職を希望するのではないでしょうか?

人間関係や職場の雰囲気を崩すことなく、円満な退職を行う事は、次の仕事に対する自身のモチベーションに大きく影響してしまいます。

まして、転職して看護師を継続するなら尚更です。

悪い噂は人を伝って、転職したあなたを苦しめるかも・・・。

そうならないためにも、仕事を辞めるタイミングは円満な退職のカギとなるのです。

 

そこで、看護師が円満退職するためには、どのタイミングで仕事を辞めるのがベストか考察しました。

看護師が円満退職で、仕事を辞めるタイミングっていつ?

看護師の円満退職は、確かにそんなに簡単なものではありません。

「仕事を辞めたい」と思っても、すぐに辞めれるものではありませんからね。

仕事を円満に辞めるには、いくつかの順序を追って進めていかなければなりません。

 

ここでは、仕事を辞めるのに重要になってくる検討項目を箇条書きにしてみました。

 

仕事を円満に辞めたいなら、まず、就業規定の確認から

「就業規定」って皆さんご存知ですか?

どの病院もそうですが、常時10人以上の雇用者がいる場合は、労働基準法で必ず就業規定を作成する決まりになっています。

就業規定とは要は、労働時間や給料、休憩時間、休み、退職時の規約が書かれているものと考えて下さい。

ここで重要なことは退職時の規約に何が書かれているか?です。

内容は病院によって多少異なります。

多くの場合は、「退職希望者は1か月前に退職のむねを明記する」などと書かれています。

病院によっては、3か月前に退職の希望を言わなければならない所もあるので、必ず確認しておきましょう。

いきなり、「今日辞めます!」は通りません。

そんなことをすれば、人間関係はおろか、最悪の場合、病院が被った損失を訴えられることがあるので注意しましょう。

 

どの上司に退職希望を伝えればいいの?

希望を伝える相手には、必ず直属の上司を選びましょう。

 

病棟で働いていれば、基本的にその役目は師長になると思います。

職業上、最も近い存在の上司を飛び越えて、上の地位の人に相談する事は避けて下さい。

「その上司が嫌いだから相談しない!」

社会人としてのマナーから逸脱しますし、なによりも相談されなかった直属の上司が、不快に感じることは言うまでもありません。

余計に、円満退職への道が遠くなり、人間関係を悪くする結果にしかなりません。

 

上司に退職希望を伝えるタイミングって、いつがベスト?

退職希望は、早ければ早いほどベストです。

 

退職の意思自体は、例え「就業規定に1か月前までに」と書かれていても、早い段階で決まっていれば、早く伝える分には問題はありません。

早い段階で意思表示をすることで、上司は勤務調整がしやすくなったり、必要であれば人員の募集をかけたり、対応が出来るからです。

これがひいては円満退職に繋がります。

 

自分の仕事を辞めるタイミングって、いつがいいの?

仕事を辞めるベストな時期は、ボーナスをもらってからです。

 

今まで苦労して働いてきたのですから、そのくらいの恩恵は受けたいと思いませんか?

 

多くの病院が6~7月、12月の年2回のボーナスがあると思います。

みんな考えることは一緒で、この時期で退職する人って、結構いるんですよね。

 

病院側もこの時期、退職者が多い事は十分わかっている事です。

ですので、この時期に仕事を辞めて、次の病院を探そうとしても、求人の質が良くて量が多いというメリットがあります。

流石に、1月~3月の求人の質や量と比較すると目落ちしますが、それでも十分な転職先が見つかるはずです。

 

どうしても、求人の質と量にこだわるなら、12月のボーナスをもらって、有給消化したあと、1月~3月に求人を探すという方法も良いと思います。

または、6月~7月のボーナスをもらってからの退職も同様に、有給休暇を使って、下半期の10月に向けた9月の求人を探すという手も良いかもしれません。

 

看護師が円満退職で仕事を辞めるタイミングって、いつがダメなの?

看護師が円満退職したいなら避けてほしい、仕事を辞めるタイミングはゴールデンウィーク、お盆、お正月です。

 

要は「人手が不足する時期」という事です。

この時期に辞めると、まず円満退職は出来ないでしょう。

 

この時期は誰でも休みたいですよね。

「あなたが、変な時期に仕事を辞めるから、みんなが休めないじゃない!」

 

まず、間違いなく、そう感じる同僚が出てきます。

私でも、そう思ってしまいますから・・・。

 

ただし、看護師が仕事を辞めるタイミングで避けた方がいい時期でも、退職理由によっては、円満退社になる場合があります。

 

退職のタイミングが悪くても、円満退社になりやすい退職理由って?

やむを得ない事情であれば、急な退職でも円満退職がしやすいという事です。

要は、誰もが仕方がないと思える理由、同情を得ることが出来る理由という事です。

簡単にいくつか退職理由の例を挙げてみます。

  • 結婚による退職の場合
  • 妊娠による退職の場合
  • 夫の転勤による退職の場合
  • 家族の介護による退職の場合
  • 家業の手伝いによる退職の場合

 

これらの退職理由ですと、タイミングの悪い退職時期でも、他のスタッフから理解が得られやすく、人間関係もそこまで悪くなる事もありません。

 

しかし、間違ったタイミングで、更にスタッフに理解がされにくい理由で仕事を辞めると、円満退職が出来ない、人間関係を崩す、だけでは終わりません。

 

例えば、休暇希望が殺到する時期に退職すると、有給休暇が取りにくくなってしまいます。

自分の有給ですから、出来るなら退職前に使ってしまいたいと思いませんか?

有給休暇の消費が出来ないだけで、あなたは損をしているのです。

また、転職を希望していても、仕事を辞めるタイミングを間違えることで、求人の質や量が悪く、あなたの求める求人に出会えないかもしれません。

 

看護師が円満退職で辞めるタイミングに悩んだら、ぜひ転職サイトの活用を!

もし、あなたが円満退職で仕事を辞めるタイミングに悩んでいたら、転職サイトの利用がお勧めです。

転職サイトに登録して、転職コンサルタントに相談しましょう。

「ボーナスをもらってから辞めたい」「有給を使ってから辞めたい」「もっと条件の良い病院で働きたい」など、転職コンサルタントに相談することで、あなたの今の状況を元に、いつ仕事を辞めるのが、円満退職に繋がるのかアドバイスをくれます。

万が一に備え、看護師転職サイトに登録しておきましょう!

万が一に備え、看護師転職サイトに登録しておきましょう!

看護師転職サイトのおすすめ

【1位】マイナビ看護師

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社マイナビ

マイナビ看護師は看護師それぞれの状況に合わせた的確な非常口(転職先)を用意してくれます。実績豊富で質も高く、信頼出来ると評判です。質の高いサービスと求人数の多さが保証されており、おすすめです。

【2位】:ナース人材バンク

オススメ度:★★★★★☆
運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクもセカンドオピニオンとして登録しておくと、より確実な求人探しが可能になります。マイナビ看護師と併用して、2つの視点から求人を分析してもらいましょう。

こちらもおすすめ

運営者情報 | ナースの非常口とは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

ページのトップへもどる