看護師の復職支援セミナーってどんなところ?復職する前に受講して自信を取り戻そう!

看護師の復職支援セミナーってどんなところ?復職する前に受講して自信を取り戻そう!

看護師の復職支援セミナーについて、今回はお話したいと思います。

ブランクがあると看護技術に自信がない、最新の医療事情について知らなくて不安、という方が多くいるでしょう。

それらを解消するのが復職支援セミナーです。

無料で行われているのがほとんどです。

ぜひ参加して不安を解消してから復職したいですよね。

看護師の復職支援セミナーは潜在看護師を対象としている研修

看護師の復職支援セミナーと聞いてもピンとこない方も多いかもしれません。

そのため看護師の復職支援セミナーについて少し確認していきましょう。

ターゲットとなる人は?

今看護師として働いていない潜在看護師をターゲットとしているのがこの復職支援セミナーです。

ブランクがあることでもう一度看護師として働きたいと思っていても看護技術などに不安を持っていることが多いため、その解消のためにこの潜在看護師復職支援が行われています。

看護師不足が問題となっている中、潜在看護師の数も増加しています。

そのため潜在看護師がもう一度看護師として働きたいと思えるようにこの復職支援セミナーを実施しています。

復職支援セミナーの期間は?

復職支援セミナーは開催している団体にもよりますが、数時間から1日だけのコースや5日間かけてじっくりと行うコースもありますので自分のレベルや希望する内容によって選択可能です。

復職支援セミナーの内容は?

開催している団体により復職支援セミナーの内容は違いがあります。

講義だけを行うものもあれば、実際に病院での実習を行っているところ、採血や点滴などの実技演習を行っているところなど様々です。

復職支援セミナーの費用は?

看護師の復職支援セミナーは、基本的には無料です

復職支援セミナーの中には実際に働く先輩看護師たちと一緒にお昼を食べながら話ができるというものもありますので複数の復職支援セミナーを見分けてみてもいいかもしれません。

料金がかかるとしたら子育て中の方が研修時間に子供を預ける保育代や駐車場代くらいにではないでしょうか。

看護師の復職支援セミナーをしているところはどこ?

看護師の復職支援セミナーを実際に行っているところを紹介していきます。

看護師の復職支援としてあなたの近くで行われているものがあり、もう一度看護師として働きたいと復職を希望されている方はぜひ参加してみましょう。

看護協会が行っている復職支援セミナー

各都道府県に設置されている看護協会があります。

その看護協会が設置しているのがナースセンターです。

ナースセンターでは看護師の求人紹介などを行う、職業紹介制度があります。

このほかに復職支援セミナーを行い、看護師確保を行っています。

東京都で行われている看護師の復職支援セミナー

東京都のナースプラザで行われている復職支援セミナーは、看護師復職支援プログラムの名称で東京都が指定した病院にて行われています。

そしてナースプラザが東京都の委託を受けて行っており、看護協会も一緒にバックアップしている復職支援セミナーになります。

東京都のナースプラザの看護師復職セミナーの対象者は離職をしている看護師であり、東京都内に就職を希望される方になります。

復職支援セミナーの内容は最新の医療に関する講義、採血や点滴などの実技演習、病棟実習などです。

復職希望先が訪問看護や介護施設などの場合には希望するとそれらの施設でも実習することができます。

また復職支援セミナー後に就職を希望する方向けの就職相談会も行われています。

ここまでの復職支援セミナーは無料で受講可能です。

研修期間中の賠償責任保険も無料になっています。

大阪で行われている看護師の復職支援セミナー

大阪府のナースセンターが行っている看護師の復職支援セミナーは看護師の資格を持つ離職中の方が対象となっています。

復職支援セミナーはAコース・Bコースの2つがあります。

その他にRe・フレッシュCaféと呼ばれるカフェスタイルのもの、体験実習のコースがあります。

その他、eラーニングも提供しています。

このeラーニングはPCやスマホで医療安全や感染予防、輸液管理などの専門的な知識を学ぶことができるものです。

Aコースは大阪府内の病院で行われています。

シミュレーターによる採血や一次救命処置演習を始め、今の看護はどうなっているのか、座談会などで構成されています。

このAコースは大阪府内11支部で共通した内容になっています。

Bコースでは介護などの福祉系に興味がある方向けのコースとなっています。

受講先も介護施設がほとんどであり、内容も看護演習を始め、多職種連携などの福祉における看護師の働きを確認することができます。

カフェスタイルのRe・フレッシュCaféはナースセンターで行われている座談会方式の復職支援セミナーです。

ナースセンターの相談員などと情報交換やシミュレーターを使用した採血や点滴、胃ろうの演習などを行っています。

AコースまたはBコースを受講すると病院や介護施設での実習をすることができます。

復職支援セミナーでは物足りない、もっと現場を知ってから復職したいという方でも安心です。

神奈川県の看護師復職支援セミナーは?

神奈川県のナースセンターでも復職支援セミナーを実施しています。

潜在看護師を対象として、最新の医療や看護について学ぶことを目的としています。

セミナーはナースセンターが主催するものと地域の病院が開催しているものの2つになります。

内容は点滴を安全に行うための演習のような看護技術のものや、家族を支える看護など福祉系の看護師としての知識をつけるものなどがあります。

また履歴書や職務経歴書の書き方の講座もあり、あなたに合った看護師復職支援研修を受講することができます。

千葉県の看護師復職支援セミナーは?

千葉県のナースセンターが行っている看護師の復職支援セミナーは再就職を目指す潜在看護師を対象としたセミナーになります。

千葉県ナースセンターで採血や注射、吸引の演習ができます。

また定期的に千葉県内のハローワークでも看護職再就業支援セミナーが行われています。

実際に転職を経験した先輩看護師の体験談や復職した看護師との交流会、ハローワーク職員やナースセンター職員などによる就業相談などの内容となっています。

埼玉県の看護師復職支援セミナーは?

埼玉県のナースセンターでは看護師の再就職支援事業として3つのことを行っています。

1つ目は再就業技術講習会、2つ目はオーダーメイド技術講習会、3つ目は埼玉県潜在看護師等職場定着支援事業になります。

1つ目の再就業技術講習会では、3日間研修を行い、看護に関する最新の知識や看護技術などを学ぶものです。

復職に当たり基本的な知識を取得することができるコースです。

2つ目のオーダーメイド技術講習会は2017年8月からスタートしたばかりのものです。

復職を希望する方一人ひとりに合わせた技術演習を実施し、スキルアップを図ります。

3つ目は埼玉県潜在看護師等職場定着支援事業です。

実際にブランクを経て再就職をした看護師を対象としており、入職してから3か月間実務研修を実施します。

対象施設は復職しやすいように事前に研修指導者などの研修を受けているところになりますので安心です。

その他の都道府県の看護師復職支援セミナーについて

ここまで紹介した都道府県以外のナースセンターでも看護師の復職支援セミナーは開催されています。

例えば北海道では地域内の病院とナースセンターが協力し、病院での復職支援セミナーを開催しています。

他にもeーラーニングによる復職支援講習会も行っていますので、セミナーに参加しつつ、看護技術の基礎や医療安全などの知識を深めていくということも可能です。

紹介した地域以外にお住いの方で復職を目指す方はぜひ各都道府県のナースバンクのホームページを確認してみましょう。

「看護師の復職支援」「看護師の再就職」などのキーワードで掲載されています。

地域の病院と連携している場合、ナースセンター独自のセミナーもあります。

看護師の復職支援セミナーで看護協会以外が行っているものは?

看護師の復職支援セミナーといえば各都道府県に設置されている看護協会が母体のナースセンターで行われているものですが、他にも看護師復職ネットセミナーとして、介護施設などを展開している企業が行っているものもあります。

内容はナースセンターが行っている看護師の復職支援研修とほとんど同じですが、復職先を介護施設などと考えている方向けのものになります。

講義を担当する看護師も実際に介護施設で働いている現役の方になります。

この復職支援プログラムは約3時間です。

介護分野での看護師のあり方などの講義や基本的な看護技術演習、介護施設の見学となっています。

参加された方は復職に対して背中を押してもらった、復職する自信がついたとの感想を持たれています。

看護師が復職できない・・・潜在看護師はどれくらいいる?その背景は?

看護師だけど復職できない状況の潜在看護師が多いワケについて、次にお話したいと思います。

看護職員における就業者数の増加

ここまで潜在看護師のための復職支援セミナーについてまとめてきましたが、あなたが復職を考えたきっかけは何でしょうか?

看護師という職業は離職率も高く、離職した後も復職をしないと考えている方が多い職種です。

しかし復職を考えている方が一定数以上いるのも事実です。

ここでは潜在看護師のデータや復職したい理由、復職の壁について確認していきます。

潜在看護師は約3割が経験3~5年、ブランク期間の半数は5年

ナースセンターが調査した潜在看護師のデータでは、約3割の看護師が経験3~5年で離職しています。

またブランクの約半数は5年間です。

これは新卒看護師として入職した看護師が結婚や妊娠、出産、子育てにより退職していることが背景にあると言えます。

中には家族の介護などの理由もあると考えられます。

ちなみに厚生労働省の発表した調査結果によると平成24年度の潜在看護師数は約71万人となっています。

その中で再就業した数は約14万人となっていることから約2割が再就業をしたということになります。

しかし残りの潜在看護師は復職への壁を感じて、看護師として再度働くということがないのです。

看護師が復職したい理由

看護師が復職するきっかけには経済的な理由が多く挙げられます。

中には自宅で過ごすことが多くなってしまうと社会との関係が薄れてしまい、そのつながりを求めて復職するという方もいます。

復職を考えた時に、先輩看護師から話を聞く機会がある復職支援セミナーを受講することで、復職への第一歩になると考えられます。

復職したいけど、復職できない理由

復職の壁には何があるのでしょうか?

まずは復職したいと思っても現在の最新医療や看護についての知識がなければ復職することに躊躇するのは当たり前だからです。

また離職理由の上位2つに出産・育児のため、結婚のためというものが挙げられています。

子育て中やその他の理由でのブランクがあった場合、最新の医療からは遠ざかっています。

そのため、復職してもついていけないのではという不安を感じます。

また子育て中であれば幼稚園に行っている間だけ、夜勤なしの職場を希望したいなどの条件面で復職先がないとあきらめてしまう看護師もいると考えられます。

しかしそうした条件でもOKの求人情報を持っているのが当サイト内のおすすめランキングの転職サイトになります。

「復職したいのに看護技術に不安がある…」という場合には指導係の先輩看護師を配置してくれるところを転職コンサルタントが見つけてくれます。

潜在看護師があげる個人の状況に関する離職理由

看護師の復職支援研修とおすすめランキングの転職サイトを有効活用する!

看護師の復職支援研修と転職サイトについて、最後にお話します。

潜在看護師の方の中には看護協会やナースセンターに登録している方も多いでしょう。

そしてナースセンターの看護師求人を確認し、条件に合った求人がないと復職をあきらめている方もいるのでは。

そのような時におすすめなのが、当サイト内のおすすめランキングのナース人材バンクとマイナビ看護師です。

各自治体にあるナースセンターの再就職支援セミナーを受講し、転職サイトを利用して復職を目指すのがおすすめです。

転職サイトでは子育て中の方など様々な条件に合った求人が多く紹介されています。

ナースセンターでの求人紹介でも復職先を探すことができるのですが、パート希望など条件によっては求人が少ないこともあります。

しかし転職サイトだけでは看護師の復職支援セミナーを受講することが難しいと言えます。

そのため復職を考えている方は転職サイトで復職先を探す、ナースセンター主催の潜在看護師の復職支援セミナーを受けるという2つを行うと、復職する際に失敗がありませんよ。

まとめ

ここまで看護師の復職支援セミナーについていくつかの角度からまとめてきましたが、いかがでしたでしょうか?

紹介した地域に住む、復職を考えている方はぜひセミナーに参加してみて下さい。

セミナーに参加することで看護師として働く自信を取り戻すことができますよ。

そして復職する時に失敗しないように転職サイトへの登録をお忘れなく。

「夜勤をしたくない」

「子供が幼稚園に行っている間だけ働きたい」

「介護分野で働きたい」

などの様々な条件に合った求人を探すことができます。

ナースセンターの潜在看護師復職支援研修と転職サイトのいいところどりをして、看護師としてもう一度輝いてくださいね。

万が一に備え、看護師転職サイトに登録しておきましょう!

万が一に備え、看護師転職サイトに登録しておきましょう!

看護師転職サイトのおすすめ

【1位】マイナビ看護師

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社マイナビ

マイナビ看護師は看護師それぞれの状況に合わせた的確な非常口(転職先)を用意してくれます。実績豊富で質も高く、信頼出来ると評判です。質の高いサービスと求人数の多さが保証されており、おすすめです。

【2位】:ナース人材バンク

オススメ度:★★★★★☆
運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクもセカンドオピニオンとして登録しておくと、より確実な求人探しが可能になります。マイナビ看護師と併用して、2つの視点から求人を分析してもらいましょう。

こちらもおすすめ

運営者情報 | ナースの非常口とは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

ページのトップへもどる