看護師の給料は安いの?年収は低いの?割に合わないって感じてしまうことってないの?

看護師の給料は安いの?年収は低いの?割に合わないって感じてしまうことってないの?

看護師の給料、あなたは安いと思いますか?

看護師は高給取り!なんて世間では言われていたりもしますが、果たして本当にそうなのでしょうか?

看護師達の中には、実際のところ給料に不満を持っている人だっています。

ここでは看護師の給料は他職種と比較した場合に安いのかどうか、仕事のハードさに見合った給料がもらえているのか、その辺りの事を検証していきたいと思います。

看護師の給料・年収の平均ってどのくらいなの?

看護師の給料・年収の平均について、まずは確認しましょう。

厚生労働省が発表した平成27年度の看護師の賃金調査によると、平均給与額は329,200円、ボーナスが832,700円、平均年収は4,783,100円という結果がでています。

看護師の場合、基本的に経験年数によって給料が上がってきますから、20代であればこれより下回ることが多いでしょうし、40代50代になればもう少し上回った給料になる可能性もあります。

看護師の給料って、大卒と専門学校卒とでは差があるの?

看護師の給料・年収は学歴によって変わるのでしょうか。

大学を卒業して看護師免許を取得した看護師と、三年制の看護専門学校を卒業して看護師免許を取得した看護師とでは、全く同じ国家試験取得者ではあっても、若干の給料の差があります。

初任給を比べた場合、その差は数千円から多くて一万円程度です。

数千円であっても年間でみれば割と大きな額になってくるわけですが、大学に通っていた看護師の方が、専門学校に通っていた看護師よりも一年多く勉強をしており、その分学費も多く払っています。大学の方が学費自体も高いです。

その事を考えると、この給料の差は大きなものとは言えないと思います。

病院によっては大卒看護師の方が出世しやすい所もありますが、全ての現場がそうであるわけではありません。

理論的に学問としての看護を学ぶ事のできる大学と、より実践的に看護を学ぶ事のできる専門学校。両者の違いは、給料の差よりもむしろ、その学び方のスタイルにあります。

看護師の給料…初任給って、他職種と比べると良い方なの?

看護師の給料と一口に言っても、大卒の看護師と専門学校卒の看護師との間には初任給の差があります。

ではいったい、看護師の初任給は具体的にどのくらいなのでしょうか?

日本看護教会が看護師の初任給について調査していますが、2015年の調査結果によると、大卒の看護師の初任給の全国平均は204,593円、専門学校卒の場合は197,334円となっています。

一方、厚生労働省が調べている2015年学歴別初任給調査によると、大卒の初任給の平均は202,000円、専門学校卒の場合は175,600円という結果が出ています。

両者を比較してみると、看護師の初任給は平均よりも少し上回っていることがわかりますね。

しかも看護の現場は未だに女性多数派の世界。

上記の厚生労働省の調査結果は男女を合わせた平均です。

これを女性限定でみた場合、大卒は198,800円、専門学校卒は174,600円であり、看護師の平均初任給との差はさらに広がります。

こうしてみてみると、看護師の初任給は比較的良いということが言えますね。

看護師の場合はこれに加えて夜勤手当や資格手当等がついてくるので、給料全体で見た時の差は、これ以上に大きなものになってくると思われます。

日本の全体平均から見ると比較的給料には恵まれている看護師ですが、昇給の仕方は他の職種に比べてなだらかだと言われており、5年10年後の給料を比べると、他の職種に追い抜かされている事が多いようです。

これは残念な結果ですよね。看護の仕事は日々勉強であり、年を重ねる毎に仕事の質は上がっていきます。

それなのに昇給はあまり期待できないとなると、毎日の勉強が報われない思いにもなります。

その点を見ると、看護師の給料が割に合わないと感じてしまう事にも納得してしまいますよね。

看護師の給料って手取りにするとどのくらいになるの?

看護師の給料や初任給について述べてきましたが、実際に気になるのはその手取り額ですよね。

給料に各種手当が加算され、そこから税金等が引かれた金額。いくらくらいになるのでしょうか。

新人看護師から10年目看護師の給料の手取り平均は約250,000円。

10年目から20年目の看護師で約280,000円、20年目以上になると300,000円以上、となっています。

看護師の昇給は緩やかだとはいえ、確実に経験年数毎に給料は上がってきていますね。

東京の病院の看護師は、他県に比べると給料がいいの?

地域による給料の格差はどんな職種にだって見られるものです。

一般に首都である東京が一番給料が良いと言われていますが、看護師の場合も同じ事が言えるのでしょうか?

2015年に厚生労働省が調査した看護師の年収を都道府県別で見たとき、最も最高額を示したのは東京の5,462,000円、2位が山梨で5,168,000円、3位は奈良の5,099,000円

ワースト3は45位が佐賀県の4,172,800円、46位は宮崎で4,116,400円、47位は鹿児島、4,059,300円でした。

こうして見ると、東京は2位の山梨との間に約300,000円も差があることがわかります。

やはり看護師の場合においても、東京は給料が良いと言っていいでしょう。

 

 

看護師の給料ランキングを色んな角度から見てみたい!

看護師の給料(年収)の都道府県別ランキングを少しご紹介しましたが、地域別以外でも、給料の差は見られるものです。

ここで幾つか、看護師の給料ランキングをご紹介していきます。

都道府県別に見る!看護師の給料ランキング!

まずは先ほども紹介した、都道府県別の看護師給料ランキングを、もう少し詳しく見ていきましょう。

1位 → 東京 5,462,000円
2位 → 山梨 5,168,000円
3位 → 奈良 5,099,000円
4位 → 千葉 4,970,000円
5位 → 神奈川 4,965,000円
6位 → 福井 4,956,000円
7位 → 京都 4,953,000円
8位 → 三重 4,950,000円
9位 → 栃木 4,928,000円
10位 → 岡山 4,926,000円

次に38位以下のワースト10を見てみましょう。

38位 → 沖縄 4,378,000円
39位 → 熊本 4,347,000円
40位 → 長崎 4,331,000円
41位 → 富山 4,321,000円
42位 → 青森 4,289,000円
43位 → 愛媛 4,284,000円
44位 → 大分 4,277,000円
45位 → 佐賀 4,173,000円
46位 → 宮崎 4,116,000円
47位 → 鹿児島 4,059,000円

一位の東京と最下位の鹿児島との差は、なんと1,403,000円!

すごく大きな差額ですよね。

 

もちろん都市部では、生活にかかる費用が地方と比べて大きくなります。

給料から生活費を差し引いた、実際に手元に置いておける金額の差には、はたしてどれほどの差が出てくるものなのか。

難しい所ですね。

 

年齢別に見る!看護師の平均年収ランキング!

厚生労働省と日本看護協会のデータを基に分析されたデータによると、年齢別にみる看護師の平均年収ランキングは以下のようになっています。

1位 → 50代後半 5,501,000円
2位 → 50代前半 5,287,000円
3位 → 40代後半 5,112,000円

これはもう当たり前の結果ですよね。

経験を積んだ看護師の方が、若い新人の看護師よりも高収入であるのは当然です。

全職種平均年収ランキングから見る!看護師の順位はいったい何位!

自分は看護師だと伝えた時に、「高給取り!」と言われてしまう事ってありますよね。

本当の所はどうなのでしょうか?

厚生労働省による統計調査データを基に作られた、全職種平均年収ランキングを見てみましょう。

1位 → 医師 10,982,400円
2位 → 弁護士 10,953,500円
3位 → 記者 8,243,700円
4位 → 高等学校教員 6,720,200円
5位 → システムエンジニア 5,923,300円
6位 → 看護師 4,783,100円
7位 → 航空機客室乗務員 4,713,400円
8位 → デザイナー 4,331,100円
9位 → 保険外交員 4,200,600円
10位 → 歯科衛生士 3,534,300円

このように見てみると、やはり看護師の給料は比較的よいのだということが分かります。

しかしこのデータには政治家やタレント業務といった超高級取りの人達が含まれていませんので、看護師は日本の中で6番目に給料がいい職種なんだよ、とは残念ながら言えませんね。

職場別に見る!看護師の月額給料ランキング!

看護師は様々な職場で活躍しています。

職場別に見た場合の平均月額給与の違いをランキング形式で見ていってみましょう。

1位 → 保健所・市区町村保険センター 376,085円
2位 → 病院 352,690円
3位 → 訪問看護ステーション 346,300円
4位 → 介護老人保健施設 344,840円
5位 → 診療所 332,200円

1位の保健所・市区町村保険センターでは主に保健師の免許を持っている人達が活躍してますから、看護師免許だけでは就職が難しいこともあります。

しかし保健師資格は保健所で働く場合の絶対条件ではありませんから、保健師の資格を持たずに保健所などで仕事をしている人もいます。

とは言え、保健師が多く活躍している職場であれば、給料がよくなるのは当然です。

看護師の国家資格を取得した後、更に勉強を重ねて保健師の資格を取るわけですからね。

大学病院の看護師の給料ランキング

看護師の職場別給料ランキングで2位にあがっていたのが病院。

一言で病院と言っても色々ありますよね。

ここでは大学病院に絞ってその給料のランキングを見てみましょう。

大学病院と聞くと高給のイメージを持っている人も多いのではないかと思いますが実際はどうなのでしょうか。

文部科学省の調査している国立大学病院の看護師の年収調査によると、ランキングは以下のようになっています。(調査対象の平均年齢はそれぞれ40歳前後です)

1位 → 大阪大学 5,552,000円
2位 → 九州大学 5,289,000円
3位 → 京都大学 5,267,000円
4位 → 東京医科歯科大学 5,227,000円
5位 → 富山大学 5,216,000円

こうして見ると高額に見えますが、低い所では約420万円という所もあります。

大学病院全体で見た時の看護師の平均年収は約4,700,000円という報告があり、これは看護師全体の平均年収とほぼ変わりありません。

私立大学ではどうなのでしょうか。

看護協会が実施した「看護職の賃金水準データ」の中に、看護師の賃金を「国」「公立等」「公的医療機関」「社会保険関係団体」「公益法人」「私立学校法人」「医療法人・個人」「その他法人等」に分類して比較したものがあります。

このデータを見る限りでは、「私立学校法人」の賃金が最も高額になっています。

「勤続10年の看護師の税込給与総額の平均値」で比較すると以下のようになります。

国 → 336,161円
公立等 → 332,909円
公的医療機関 → 331,518円
社会保険関係団体 → 339,274円
公益法人 → 318,919円
私立学校法人 → 357,059円
医療法人・個人 → 307,452円
その他法人等 → 320,895円

「私立学校法人」とはつまり、私立大学の付属病院を指します。

こうしてみると、私立大学の給料が他に比べて高額であることがわかりますね。

大学病院全体で見た場合の看護師の年収が、他の看護師の年収とあまり変わらない所を見ると、大学病院は良い所と悪い所の差が大きいのだと言う事ができそうですね。

一言に大学病院と言っても、給料の良い所もあればそうでない所もある、ということですね。

看護師の給料は、大学病院だとやっぱり他に比べると高いの?

看護師の給料は大学病院の場合、良い所もあればそうでもない所もあります。

しかし、国立大学に限って言えば、給料は比較的良いと言っていいでしょう。

2015年の独立行政法人化に伴い、今の国立大学の看護師は以前のように公務員ではありません。

しかし、以前の待遇の良い給料体系はそのまま残っていることが多いため、国立の大学病院では高額が期待できるのです。

最新医療を学びたい人にとって、大学病院は第一選択肢に入ってくるものだと思います。

進んだ医療が提供されているが故に、勤務する場合には厳しさが伴うことも事実です。

しかしながら、厳しい現場であっても、給料が他に比べれば良いのであれば、頑張っていけるかもしれませんよね。

仕事環境が厳しいのに、給料はそんなに良くない!という病院だって沢山あります。

それを考えると、国立の大学病院というのは、最新医療を学びたい人にとっての、一つの安全な選択肢になるだろうと思います。

看護師の給料は公立病院だとどうなの?私立に比べると高給なの?

看護師の給料は、公立病院だとどうなのでしょうか?

公立病院と聞くと、どちらかというと薄給のイメージを持っている人もいるのではないかと思います。

先ほど紹介した「大学病院の看護師の給料ランキング」の中で、看護協会が実施した看護職の賃金水準データも紹介しましたね。

そのランキングは以下のようになっていました。

国 → 336,161円
公立等 → 332,909円
公的医療機関 → 331,518円
社会保険関係団体 → 339,274円
公益法人 → 318,919円
私立学校法人 → 357,059円
医療法人・個人 → 307,452円
その他法人等 → 320,895円

私立学校法人の給料が高額であることは、前の項目でもあげましたが、それに続くのが国、社会保険関係団体、その次に出てくるのが公立等の病院となります。

公立病院がずば抜けて給料が良いというわけではなさそうですが、ボーナスは良い傾向にあると言われていますので、年収でみた場合には、大きな差が出て来るかもしれませんね。

それに、公立病院では福利厚生が充実しています。

長時間のサービス残業など、ブラックな職場環境も、公立病院ではあまりみられません。

昇給の額も公立病院の方が民間病院よりも良いと言われています。

総合的に見た場合、公立病院は民間病院よりも待遇が良いと言っていいのではないでしょうか。

逆に言えば、「残業代の出る所でバリバリ働いて高給を目指したい!」というタイプの人には、あまり向いていないかもしれませんね。

 

 

まとめ

看護師の給料は、決して悪くはないということがお分かりいただけたかと思います。

しかしながら、看護の仕事はハードです。体力的にも精神的にも疲労困憊してしまうことも、多々ありますよね。

「こんなにハードな仕事をこなしているのに、こんな給料じゃ、割に合わない!」と感じている看護師が多くいる事も事実です。

給料や仕事環境は職場によって大きく違いがあります。

もしも今の職場の給料が割に合わずに不満を持っているのであれば、思い切って転職を考えるのも一つの手だと思いますよ。

給料と仕事のハードさを比べて、自分の納得のいく給料をもらえる職場を手に入れてれば、仕事の楽しさだって増していきます。

とは言っても、自分1人では仕事のハードさや給料の実際を調べ上げるのは困難です。

今はまだ仕事を続けていらっしゃるのであれば尚更、そんな時間ありませんよね。

そんな時はぜひ転職サイトに登録して下さいね。

専門のコンサルタントがあなたの希望に沿った職場を探し出してくれますよ。

万が一に備え、看護師転職サイトに登録しておきましょう!

万が一に備え、看護師転職サイトに登録しておきましょう!

看護師転職サイトのおすすめ

【1位】マイナビ看護師

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社マイナビ

マイナビ看護師は看護師それぞれの状況に合わせた的確な非常口(転職先)を用意してくれます。実績豊富で質も高く、信頼出来ると評判です。質の高いサービスと求人数の多さが保証されており、おすすめです。

【2位】:ナース人材バンク

オススメ度:★★★★★☆
運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクもセカンドオピニオンとして登録しておくと、より確実な求人探しが可能になります。マイナビ看護師と併用して、2つの視点から求人を分析してもらいましょう。

こちらもおすすめ

運営者情報 | ナースの非常口とは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

ページのトップへもどる