神経内科 看護師の仕事内容は患者さんにそっと寄り添える仕事

神経内科 看護師の仕事内容は患者さんにそっと寄り添える仕事

神経内科とはどのような病気?っと思う方も多いのではないでしょうか。

神経内科とは脳や脊髄、神経、筋肉の病気をみる科になります。たとえば、パーキンソン病、てんかん、多発性硬化症、筋ジストロフィーなどがあげられます。

神経難病と呼ばれるものもあるため神経内科の看護師の仕事内容は患者さんに寄り添った援助が主になります。

神経内科 看護師の仕事内容を1日の流れで見るとどうなるの?

  • 8:30  患者申し送り・情報共有
  • 9:00  体位変換・おむつ交換・保清ケア
  • 10:00 患者の状態観察
  • 11:00 検査・処置
  • 12:00 食事介助
  • 13:00 トイレ介助
  • 14:00 体位変換・おむつ交換
  • 15:00 リハビリ
  • 16:00 記録

神経内科の患者さんは嚥下機能低下に伴う誤嚥性肺炎や運動機能障害に伴う歩行困難などがあるため生活援助が必要となる方が多いです。

援助内容も患者さんごとで変わるのでじっくり患者さんと向き合いたい方にはぴったりの仕事でしょう。

難病も多く患者さんのライフスタイルや本人のペースを尊重し関わりを持つ必要があります。

神経内科 看護師の仕事内容をケア別に見るとどうなるの?

  1. 清潔ケアの仕事内容
  2. 食事介助の仕事内容
  3. 歩行介助の仕事内容

清潔ケアの仕事内容

神経内科の患者さんは病気の進行状態により大きく必要な援助が異なります。初期の場合は見守りにて生活援助を行いますが、徐々に進行したり、日内変動に伴う援助が必要な場合などで援助内容が変化するため患者さん本人を含め周りの人との情報交換が大事です。

運動機能障害に伴う転倒リスクも考慮し、患者さんを尊重した行動を求められます。保清のケアに関しては患者さんを一個人として普段どおりに整える気持ちがあれば誰でもできると思います。洗面や髭剃り、入浴、陰部洗浄、清拭などが含まれますが、それぞれの場所のやり方に沿って丁寧に行えば問題ありません。

食事介助の仕事内容

神経内科の患者さんは嚥下障害などがあるため誤嚥性肺炎や窒息に注意が必要です。食事介助はこれらを引き起こさないよう食事形態の検討、見守り、介助などが含まれます。ちょっとしたものが思わぬ事態を招かないように気をつけましょう。

また、てんかん患者さんの場合は食事中の症状に注意し、症状変化時に速やかな対処が取れるようにしましょう。おいしくご飯が食べれるようにしましょう。

歩行介助の仕事内容

神経内科の患者さんは運動機能の障害から歩行時の介助を要することがあります。

通常、歩行するということは意識しなくてもできることですが、神経内科疾患の場合は脳での命令が手足などにきちんと届かない場合があります。

前傾姿勢になったり、足がなかなか前に出なかったり、本人が思っているように歩けないことがあるため転倒に注意が必要です。

神経内科 看護師の仕事内容で患者さんが特化したらどうなるの?(疾患、ADL、年齢など)

  1. パーキンソン病の患者さんの場合の仕事内容
  2. てんかんの患者さんの場合の仕事内容
  3. 多発性硬化症の患者さんの場合の仕事内容

パーキンソン病の患者さんの場合の仕事内容

パーキンソン病とは50~60歳の中年以降の発症が多く、進行性の病で中脳の黒質が変性し、無動、筋の固縮、振戦、姿勢反射障害などをきたす疾患です。

パーキンソン病の患者さんは薬の内服で症状のコントロールを図りながら、生活を送るため内服の調整入院もあり、症状の状態により入退院を繰り返すような場合もあります。

看護師の仕事内容としては症状に応じて生活の援助や時間薬と呼ばれる内服薬の調整管理などを行います。

また、日内変動で症状のアップダウンがあるためそれらを見極め援助することが必要となります。

歩行障害をきたす場合は転倒に気をつけ、行動の見守りなどの対策を考えることも重要となります。

てんかんの患者さんの場合の仕事内容

てんかんとは種々の原因により大脳皮質神経細胞の異常興奮を来し、反復性の発作を主徴とする慢性障害です。

てんかんの患者さんの看護については発作時の速やかな処置と安全確保が重要となります。

また、てんかん患者さんは定期的な通院と抗けいれん薬の内服が必要となるため、患者さん本人と家族のサポート調整も援助内容に含まれてきます。

多発性硬化症の患者さんの場合の仕事内容

多発性硬化症とは原因不明の脱髄性疾患で、中枢神経のみ侵される疾患です。

15~50歳に多く、寛解と再発を繰り返す疾患で、疾患の進行により感染症や精神症状などもきたします。

看護師の仕事内容は感染症予防や精神的サポートが重要となります。寛解と増悪を繰り返すため、患者さんのそばに寄り添いサポートし症状変化に注意しましょう。

まとめ

いかがでしたか?

神経内科の看護師の仕事内容は進行性の病が多いため身体的、精神的サポートが必要となり、患者さんに寄り添った援助が主となります。そのため、神経内科ではじっくり患者さんに向き合いたいと考える方を求めていると言えます。

神経内科分野に興味を持った方は、転職サイトへ登録し詳しく話をきいてみてはいかがでしょうか?

あなたにぴったりの職場を探してみましょう。

万が一に備え、看護師転職サイトに登録しておきましょう!

万が一に備え、看護師転職サイトに登録しておきましょう!

看護師転職サイトのおすすめ

【1位】マイナビ看護師

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社マイナビ

マイナビ看護師は看護師それぞれの状況に合わせた的確な非常口(転職先)を用意してくれます。実績豊富で質も高く、信頼出来ると評判です。質の高いサービスと求人数の多さが保証されており、おすすめです。

【2位】:ナース人材バンク

オススメ度:★★★★★☆
運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクもセカンドオピニオンとして登録しておくと、より確実な求人探しが可能になります。マイナビ看護師と併用して、2つの視点から求人を分析してもらいましょう。

こちらもおすすめ

運営者情報 | ナースの非常口とは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

ページのトップへもどる