24時間看護師がいる老人ホームってあるの?

24時間看護師がいる老人ホームってあるの?

病院では医師や看護師等の医療従事者が24時間常駐していることが当たり前ですが、老人ホームではどうなのでしょうか。

日勤のみのイメージがありますが、24時間看護師がいる老人ホームはあるのでしょうか?

24時間看護師が常駐している老人ホームもある

老人ホームの看護師と言えば、日勤のみの印象が強いと思います。

他の勤務体系があるとすれば、早番や遅番が思い浮かぶでしょう。しかしながら、老人ホームによっては24時間看護師が常駐している老人ホームがあるのです。

24時間看護師がいると言う事は、夜勤がある老人ホームと言う事になります。

老人ホームの中で看護師の夜勤配置が義務付けられている施設は、『介護療養型医療施設』と『医療療養病床』の2つのみです。

これらの施設の看護師の配置基準は1病棟につき1人以上となっています。

これらの施設は介護度や医療ニーズの高い方が入居・入院される施設の為、多床室が多かったり病院の夜勤と大きく変わらない施設となります。

これら2つの施設以外にも、看護師の夜勤配置義務がないけれども『介護老人保健施設』『介護老人福祉施設』『有料老人ホーム』では24時間看護師が常駐している老人ホームもあり、その点を売りにしている施設もあります。

老人ホームで看護師が24時間いる事のメリット

老人ホームにおいて、24時間看護師がいる事でのメリットとは何でしょうか?

利用している入居者様やご家族の立場になってみると、24時間看護師が老人ホームに常駐している事で、『何かあっても大丈夫』と言う安心感が得られます。

老人ホームにご家族を預けるとなれば、家から離れて暮らす事になり、入居している時の健康状態は体調が悪くなったとしても詳しく分からない事が多いです。

しかしながら、看護師が24時間いる事によって、些細な体調不良でも看護師の判断によって早期に対応する事が出来るので、ご家族の安心にもつながります。

看護師の立場からメリットを考えると、第一に給与面の事が挙げられます。

24時間看護師が常駐すると言う事は、必然的に『夜勤』がある事になります。

病院で夜勤業務をしている看護師さんは分かると思いますが、夜勤をすると夜勤手当がついています。

これは、老人ホームでも同じことが言えまして、夜勤をする事で手当てが付与されます。

夜勤手当がある事によって病院勤務とほぼ同等の給与を得ることが可能になってきます。

24時間看護師が常駐する老人ホームでのメリットは入居者とご家族の安心感と共に、働く看護師の給与面でのメリットがあります。

又、24時間看護師が常駐すると言う事は、大なり小なり医療行為が多くなってきます。

老人ホーム自体が24時間看護師が常駐している事を売りにしている事が多く、その為医療ニーズの高い方の受け入れについても寛容な面があります。

「病院勤務は嫌だけど、医療スキルは落としたくない」と言った看護師さんにとっては24時間看護師が常駐している老人ホームはおすすめと言えます。

老人ホームで看護師が24時間いる事のデメリット

上記で老人ホームに24時間看護師がいる事のメリットについてご説明しましたが、勿論デメリットもあります。

ご家族から求められる要望が多い

24時間看護師が常駐している事によって、24時間医療的な関わりをする事が可能ですし、ご家族も安心して老人ホームに預けて下さっています。

安心がある為か、ご家族の要望も高い事が多いのです。

例えば、「胃瘻を使用して経管栄養で栄養の投与を行っているけれども、口から経口で摂取出来る様にして欲しい」「胃瘻の増設も中心静脈栄養も嫌で今は経鼻経管栄養で栄養を取っているけれども、口からご飯を食べられるようにして欲しい」「転んでしまってから歩けなくなってしまったけれども、以前と同様に歩いてトイレ位は出来る様になって欲しい」等なかなか難しいご希望を承ることが多くなります。

比較的食事に関するご希望が多い傾向にあります。「好きな物を好きなだけ食べて欲しい」と生理的欲求の食に関してはどうしてもニーズが高くなってきます。そう言った場合には、看護師だけではどうにもならない為、往診医と相談し進めるか、歯科往診を取り入れている老人ホームであれば歯科医や歯科衛生士と連携して食事摂取状況から食事形態を変更したり、嚥下回診で評価し訓練をしたり、嚥下内視鏡検査(VE)を元に機能訓練を開始したりします。

機能訓練をするにあたって、普段から往診医や歯科医や歯科衛生士が老人ホーム内にいる訳ではないので、機能訓練は必然的に看護師が行う事になります。

24時間看護師が常駐している老人ホームでは医療ニーズの高い入居者様が多いので医療行為も多いのですが、その他にも機能訓練の業務が増える為、日勤しかない老人ホームと比較すると業務が忙しくなります。

歩行出来る様にと言う要望に対しても、訪問マッサージや訪問リハビリによってリハビリを行っていても、週に数回しかセラピストは来る事が出来ません。

来れない時はどうしているかと言うと看護師が訓練方法をセラピストに教えて頂いて実施している事もあります。

医療行為が多い

24時間医療行為が可能と言う事を売り文句にしている老人ホームが多い為、それに伴って老人ホームでの受け入れ可能な医療行為の幅も広がる為、日勤しか看護師がいない老人ホームと比較すると医療行為が多く高度化してきます。

看護師が日勤だけの老人ホームですと、主な医療行為と言えば経管栄養や簡単な回数も少ない吸引程度ですが、24時間看護師が常駐している老人ホームではそれらにプラスして、栄養の投与方法だけでも胃瘻・経鼻経管栄養・腸瘻・経皮経食道栄養・中心静脈栄養があります。

中心静脈栄養に関してもポート増設されていれば良い方で、年齢や栄養状態によってポート増設が困難な場合、中心静脈カテーテルのまま受け入れる老人ホームもあるのです。

中心静脈栄養カテーテルの場合、一度感染が起きれば全身に菌が回り、敗血症等の手遅れの状態になってしまう為、細心の注意が必要になってきます。

他にも、気管切開をされており、人工呼吸器管理の方や夜間のみ非侵襲的人工呼吸器(NPPV)を使用している入居者様の管理もあります。

気管切開をされている入居者様の場合、痰の吸引が頻回となる為、夜間帯でも忙しく吸引をすることになります。

また、往診医や協力医療機関との連携によって点滴をする事が可能な老人ホームもある為、「急な発熱でも冷罨法だけして朝までもたせて!」と言う事は無く、即時に抗生剤点滴や補液をする事になります。と言う事は、末梢点滴をする為のルートを確保しなくてはいけないと言う事です。

ここまでの説明を見て、「病院と変わらないじゃないか」と思われる看護師さんもいらっしゃると思いますし、実際その通りでもあります。

なので、ブランクがあり、あまり医療行為に自信のない看護師さんの場合24時間看護師が常駐している老人ホームは選ばない方が賢明とも言えます。

しかしながら、医療行為は多いと言えども老人ホームは老人ホームであって、病院とは違う為、医療行為にも限界があり、『救急搬送』と言う事もあります。

24時間看護師がいる老人ホームでも老人ホームによって受け入れている医療行為は大きく変わってきます。転職するにあたって、「ここまでの医療行為はしたいけど、そこまで医療行為は求めていない」という看護師さんや「病院勤務は嫌だけど給与面で心配だから夜勤もやりたい」と言った看護師さんもいらっしゃると思います。

しかしながら、求人票を見ても細かな医療行為までは書かれていないことが多く、実際に面接してから、又は、入職してから分かると言った事も少なくありません。

そこで、看護師転職支援サイトを活用するのはいかがでしょうか?

看護師転職支援サイトでは多くの情報を持っている為、各老人ホームでの医療行為の実際を把握している事も多く、又、そのサイトを通じて老人ホームに入った看護師さんの生の声を聞く事も可能な場合もあります。

後悔の無い転職の為に是非検討してみて下さい。

万が一に備え、看護師転職サイトに登録しておきましょう!

万が一に備え、看護師転職サイトに登録しておきましょう!

看護師転職サイトのおすすめ

【1位】マイナビ看護師

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社マイナビ

マイナビ看護師は看護師それぞれの状況に合わせた的確な非常口(転職先)を用意してくれます。実績豊富で質も高く、信頼出来ると評判です。質の高いサービスと求人数の多さが保証されており、おすすめです。

【2位】:ナース人材バンク

オススメ度:★★★★★☆
運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクもセカンドオピニオンとして登録しておくと、より確実な求人探しが可能になります。マイナビ看護師と併用して、2つの視点から求人を分析してもらいましょう。

こちらもおすすめ

運営者情報 | ナースの非常口とは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

ページのトップへもどる