訪問看護師、トイレスポットはパワースポット??

訪問看護師、トイレスポットはパワースポット??

訪問看護は外に出る仕事です。

だから、トイレの問題は切実です。

え?プロなら我慢でしょって??それはさすがに・・・ねぇ(>_<)

トイレスポットに詳しくなる訪問看護師

トイレスポットは頭に入れてから出発するべし!

病院の看護師と違い、出先でトイレを利用する我々訪問看護師!

訪問先の利用者様のお宅のトイレを拝借するなんて、出来ません。

 

訪問先エリアのスーパーやコンビニなどトイレを拝借できる

トイレスポットをあらかじめ頭に入れておくことをおススメします。

トイレ問題は切実な問題ですからね。

事務所を出発する前は必ずトイレに行きます、ハイ、これは訪問看護師なら

皆していることだと思います。

生理的な問題ですから、我慢には限界がありますし

体調にも影響してくるかもしれません。

過度な我慢は、大事なケアに集中できないだけでなく、利用者さんに失礼にあたる上、事故の元です。

 

自分自身を整えてから訪問すること。

その為にトイレスポットの事前把握は欠かせません。

 

訪問先に遅れそう!!そんな時はトイレは絶対我慢???

その時の自分の体の状況次第にもなりますが・・・。

こればかりは自分でしか分かりませんよね?

どの程度まで我慢ができるのか???人それぞれです。

ですから、例え行きたくなくても、常に早めに行っておくことが大切だと思います。

行けるところで早めにトイレに行っておく。出し切る!!(笑)

これも訪問看護師としては仕事の内と言っても過言ではありません。

 

例えば次の訪問先に向かっている途中で

あなたは究極にトイレに行きたくなってしまいました。

でも、すでに訪問予定時刻が迫ってきている。

もし、ここでトイレに寄れば確実に訪問時刻に遅れてしまう。

でも、我慢して行って、もし訪問先で本当に我慢出来なくなったら・・・。

そんな状態で利用者さんに最善のケアが提供できるでしょうか?

ここは、もうムリせず近隣のトイレスポットに寄ることをおススメします。

それで5分10分予定の時間を過ぎてしまっても

その後のケアは集中してできるのですから。その方が利用者さんには結果、迷惑をかけません。

利用者さんには遅れる旨(できたら理由も言って)電話連絡を入れること。

もちろん、到着したら遅れたことをお詫びしなくてはなりませんよね!?

 

トイレスポットでほっと一息、クールダウン!

一日数件、訪問先でケアを提供する私たち訪問看護師。

人工呼吸のケアをしたと思ったら、次はストマケアがなかなか波に乗らない課題山積のお宅への訪問に向かったり・・・。

頭の切替え、発想の転換が必要になる時が多いのです。

 

私の経験ですが、

次の訪問先までの間、コンビニにてトイレタイムに救われたことがあります。

そのトイレがとても綺麗にされていて、用を足し(失礼!)、スッキリしたとともに気持ちがスーッと落ち着いたのです。

おまけに、タイムリーな格言が書かれていて、はっとさせられ、それでうまく切替えられて次のお宅に伺うことができた!ということがありました。

 

前述しましたように、焦っても良い結果は生まれません。

気持ちを落ち着け、利用者さん一人ひとりに良い看護を提供するためにも

このトイレスポットでの時間は有効ではないでしょうか?

トイレでの一呼吸がよい判断に繋がると私は信じています。

 

まとめ

いかがでしたか?

訪問看護師がトイレスポットを重要視する理由がお分かり頂けたでしょうか?

クールダウンの場としても、トイレタイムは大事だと思います。

アナタもこの地域のトイレスポットはここだ!という情報を持っていないでしょうか?

その情報、訪問看護師として役立てて見ませんか?

ぜひ私たちの仲間になってください。

転職サイトに登録し、専門のコンサルタントにその地域での訪問看護師募集について詳しく聞いてみてくださいね。お待ちしています♪

万が一に備え、看護師転職サイトに登録しておきましょう!

万が一に備え、看護師転職サイトに登録しておきましょう!

看護師転職サイトのおすすめ

【1位】マイナビ看護師

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社マイナビ

マイナビ看護師は看護師それぞれの状況に合わせた的確な非常口(転職先)を用意してくれます。実績豊富で質も高く、信頼出来ると評判です。質の高いサービスと求人数の多さが保証されており、おすすめです。

【2位】:ナース人材バンク

オススメ度:★★★★★☆
運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクもセカンドオピニオンとして登録しておくと、より確実な求人探しが可能になります。マイナビ看護師と併用して、2つの視点から求人を分析してもらいましょう。

こちらもおすすめ

運営者情報 | ナースの非常口とは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

ページのトップへもどる