訪問看護師に必要な資格ってあるの?

訪問看護師に必要な資格ってあるの?

訪問看護師を目指すのに必要な資格ってあるのでしょうか?

あなたは看護師資格をお持ちですか?それでしたら、身1つでOKですよ)^o^(

そうです!訪問看護師になるには、看護師免許が有ればよいのです。

プラスαでこれを持っておくとよい、という資格もいくつかありますのでご紹介していきますね~。

訪問看護師になるには、看護師免許だけでOK!

訪問看護師の求人には「看護経験35年がのぞましい」との記載がされていることが多いと思います。それは、訪問看護が、看護師一人で利用者様の自宅に赴き、看護を提供したり場合によっては自分で判断し対処しなくてはならないという業務内容のためです。

適切な状況判断と処置をするためにはある程度の看護経験が必要になってきます。ですので、経験のある看護師を求められているわけです。

では、経験年数がないと訪問看護師になれないのか?というと、そんなことはありません。訪問看護ステーションによっては、新人教育に力を入れているところもあります。病院併設のステーションですと、経験年数が浅くても熱意のある看護師は病棟などから異動することもあります。

つまり、訪問看護師に必要なのは看護師免許とあなたの熱意なのです!

訪問看護師におススメの資格はあるの?

ハイ!ありますよ。

こんな質問が来るなんて、あなたは本当にやる気のある方ですよね!?

いくつかありますので、下記をご覧ください。

ケアマネージャー

訪問看護は医療保険だけでなく介護保険を利用しての看護提供をすることもあります。

介護保険を利用して在宅生活での支援を受ける場合はその中心となるケアマネージャーの存在が欠かせません。

ケアマネージャーは介護支援の必要な方のお宅に伺い、情報の収集や分析し個人に応じたケアプランを作成します。私たち訪問看護師はそのケアプランに沿って、訪問看護を提供していくことになるのです。

在宅支援は私たちの訪問看護だけでなく、訪問入浴やヘルパー、デイサービスと様々なサービスで成り立っています。

それらを利用者様の状況や希望に合わせてプランを作成し在宅スタッフを束ねていくのがケアマネージャーです。

そうした数々の事業所と連絡・調整も必要になってきますし、介護保険を利用しますので、要介護度に応じたプランの作成や給付管理など、活躍の場は幅広いのです。まさにマネージャー業務ですが、デスクワークや事務仕事が多くなります。逆に体力仕事中心ではないので、少し年齢を重ねてもできる仕事内容でもあります。

ケアマネージャーの資格取得には要件がありますし、決して合格率も高くないため簡単には取れない資格ではあります。しかし、在宅生活を支援する上で欠かせない存在であることは間違いありません。

ケアマネージャー業務と訪問看護業務を兼務する看護師もいます。

介護保険の知識がありますと、適切な福祉用具の提案や費用面の説明なども出来、よりスムーズな在宅介護支援に結びつけることができます。

訪問看護師に加えてプラスαで持っておくには、ケアマネージャーはおススメの資格の1つです。

訪問看護認定看護師

認定看護師の存在は聞いたことがある!と言われる方も多いかもしれません。

訪問看護認定看護師は、言わば、在宅看護のスペシャリストです。

在宅ケアの質の向上や在宅看護技術の提供と管理をすることが大きな役割となり、退院から在宅へスムーズにつなげる「シームレスな連携」の立役者の一人でもあります。

私たち訪問看護師が、自分では解決できないことに直面しても、指導をもらう、相談に応じてもらえるなど頼りにできる存在ともなります。

あなた自身も、自分のスキルアップの指標として今後取得して行かれてもいいかもしれません。

ただ、この訪問認定看護師も資格取得要件があり、時間やお金はある程度必要になってきます。

その他

在宅で過ごされている利用者様はさまざまな疾患とさまざまな病態を抱えています。100人いれば100通りですし、一人ひとり望む状態や過ごし方も違います。ですので、私たち看護師もそれに応じ勉強は尽きることがないと思っていた方がよいでしょう。

資格を持つ(取る)=勉強と捉えたほうがよいかもしれません。

障がいを抱えた方の看護も多いです。手話や点字がわかる方はコミュニケーションが容易になります。また、高齢者に関わらず「食べる」ことが難しくなった方に摂食嚥下の指導も必要になるでしょう。食べることは生きる意欲へもつながります。NST専門療法士などはとても歓迎されると思います。

リラクゼーションケアの一環として、「アロマテラピー」や「リンパドレナージ」なども人気です。治療には直接結びつかなくても、少しでも癒しを提供できるといいな、というところから香りやマッサージの勉強をする訪問看護師も多い今日この頃です。

訪問看護師の移動手段はどうなっているの?

訪問看護師なので、自宅に訪問する必要があります。なので、移動手段が必要です。

多くの場合、車で訪問しますが、ステーションによっては乗り合いバスのように何人かの訪問看護師を乗せた大型車で訪問するところもあります。その場合は専用の運転手さんが運転して行くようです。

近隣は徒歩や自転車で伺うステーションもあるようですが、車で移動する!というステーションの場合は、運転免許は必要になりますね。

まとめ

いかがでしたか?

訪問看護師におススメの資格がお分かりいただけたでしょうか?

資格は自分自身のブラッシュアップのためにも、やってきたことの証明のためにも時間やお金が許せば、是非貪欲に色々な資格取得を目指していきたいものです。

特に訪問看護師は、自分の身1つで仕事をすることがほとんどなので、プラスαをたくさん身に付けておいた方がどんな場面でも対応できるようになるのでおススメですね。

あなたがこれから取得しようとしている資格が活かせそうな職場や、資格取得をバックアップしている職場があれば今よりも更に仕事がしやすくなりそうですよね?

そんな職場を知りたい、または興味があると思っているあなたは、一度転職サイトに登録して転職コンサルタントに相談してみるとよいかもしれません。移動手段についての情報もきっと持っているでしょう。あなたのキャリアプランに合った職場や働き方について相談してみてくださいね。

あなたに合ったアドバイスをくれるでしょう。是非、利用してみてください。

万が一に備え、看護師転職サイトに登録しておきましょう!

万が一に備え、看護師転職サイトに登録しておきましょう!

看護師転職サイトのおすすめ

【1位】マイナビ看護師

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社マイナビ

マイナビ看護師は看護師それぞれの状況に合わせた的確な非常口(転職先)を用意してくれます。実績豊富で質も高く、信頼出来ると評判です。質の高いサービスと求人数の多さが保証されており、おすすめです。

【2位】:ナース人材バンク

オススメ度:★★★★★☆
運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクもセカンドオピニオンとして登録しておくと、より確実な求人探しが可能になります。マイナビ看護師と併用して、2つの視点から求人を分析してもらいましょう。

こちらもおすすめ

運営者情報 | ナースの非常口とは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

ページのトップへもどる