ICU(集中治療室)の看護師の仕事内容は?

ICU(集中治療室)の看護師の仕事内容は?

ICU(集中治療室)の看護師の仕事内容についての説明と、ICU(集中治療室)で働いている私の経験上で、感じたことをお伝えします。

ICU(集中治療室)の看護師の働きかた

ICU(集中治療室)の看護師は、大まかに日勤帯、夜勤帯の2交代制です。

大体、2つから3つのチームに分かれています。

ICU勤務は、特別なスキルや資格が必要な職場ではありません。

とにかく、人が好きな人、集中して勤務出来る人でないと 務まらない任務であると思います。

漠然と人が好きではなく、患者さんはもちろん、そのご家族を丸ごと 好きであること、所謂、かなり高度なコミュニケーション能力が求められると思います。

というのは、患者サイドの気持ちと治療が相反することもしばしばあるのです。

もちろん、医者も看護師も最善を尽くします。

しかし、患者本人またご家族の意に添えない場合もあります。

それは金銭的な問題であったり、宗教的な問題であったり、問題も様々です。

後者の場合が訴訟問題に繋がるケースもありますので個人で判断せず、すぐ上司等相談出来る体制をとっておきましょう。

どの職場も同じだと思いますが、報・連・相は本当に大切です。

患者の状態等は常に他スタッフと共有しておくことがとても大切です。

患者本人の意思、また医者へ求めるご家族の気持ち等、患者サイドの代弁者でなければならないのです。

患者またご家族の気持ちに寄り添うことは、中途半端な気持ちでは、できません。

いつも片時もその患者またはご家族のご意向に添い、患者またはご家族の有利になる情報を常に持っておかねばなりません。

よくわからない社会保障の問題等MSWとの連携も重要となっていきます

気持ちの面では一切ゴールがないので これでいいという結論に至ることはまずないでしょう。

最善を尽くすのみです。

ICU(集中治療室)の看護師に求められるもの

まず、大前提にあるのは、全身の状態をやはり一瞬で見抜く力が求められます。

何も特別なことではありません。

見たままをいかに正確に伝えられるかです。

伝えるというのは誰かに伝えるのもそうのですが、まず見たままの正確な状態をカルテという記録物に残せるかどうかです。

見たまま、計測したまま、使用した医療用具をどのように用い、またその結果どのような反応があり、というのをありのままに記録に残すことが大切ですので、慎重に且つスピーディに記録に残します。

あとで記録すればいいやと思うのは やめておきましょう。

手が空いたらすぐ記録は習慣づけておくと便利です。

正確且つスピーディさが求められます

また勤務そのものでは、24時間どの勤務帯のどの勤務者が見ても(他チーム、同チーム問わず)一目瞭然の状態にしておかなければなりません。

看護師間のみでなく、どのスタッフから見ても一目瞭然にしておく必要があります。

24時時間1時間毎の身体状況、補液等による身体へInOut状態、数値は明確なものでなければなりません。

大体このくらいというような目安的数値は要りません。(平均して…申し送り等で表現することはありますがその申し送りでも、明確な数値の方が好まれるでしょう)

人の身体は状態が良くても悪くても1分1秒で変わってきます

そのためには自身が計測した数値や見た外見の報告はより正確なものが求められます。

またその報告をもとに医者は今後の治療等を決めていく指標にされているので極めて正確なものが要求されます。

また患者の変化に常に敏感でなければ、務まりません。

変化に気づきがなければ、何一つ、治療に役立てないのです。

小さな指の動き、顔の反応等等。

挙げればキリがないのですが、これらに常に敏感でなければなりません。

つまり、その患者の変化また入院されてからの日常をきちんと理解していなければなりません。

皮膚の色、ハリ、艶、力の入り具合、様子は様々です。

一瞬にしてその患者の様子を目に入れ、文字に起こし、他者へ伝える能力が必須とされます。

医者はもとより、他の看護スタッフとの連携、コミュニケ‐ション能力も同時に求められます。

その判断能力やコミュニケーション能力は、より高ければ高いほど、個人の信頼性も高いです。

またこの判断能力やコミュニケーション能力は、ICU看護師には、なくてはならないと言っても過言ではないコミュニケーション能力の一つだと思っております。

見たままをありのままに、常に最新の情報をもって、患者またご家族に接し、その結果をまた同業者へ伝える能力が求められます。

ICU(集中治療室)の看護師は、信頼第一の仕事

患者にもご家族にもまた医者等の他のスタッフへも正確な情報を持ち、提供することの出来るICU看護師は信頼性が高いです。

見たままをありのままに正確に伝えることは至って当然であり、簡単なことのようであると思いますが、ジェスチャーゲームで正確に物事が伝わらないこと考えると見たこと、数値を明確化することはある意味、単純な作業なのかもしれません。

正確で誰の目にも平等な記録を今後ICU看護師として働き続けられる看護師の方々は、心掛けるといいのではないかと思います。

恐れることでもなく、また難しいことでもありません

ありのままをありのままに記録に残し、一目瞭然な記録物で毎日少しでも気分のいい勤務を終えられるといいなと思います。

万が一に備え、看護師転職サイトに登録しておきましょう!

万が一に備え、看護師転職サイトに登録しておきましょう!

看護師転職サイトのおすすめ

【1位】マイナビ看護師

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社マイナビ

マイナビ看護師は看護師それぞれの状況に合わせた的確な非常口(転職先)を用意してくれます。実績豊富で質も高く、信頼出来ると評判です。質の高いサービスと求人数の多さが保証されており、おすすめです。

【2位】:ナース人材バンク

オススメ度:★★★★★☆
運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクもセカンドオピニオンとして登録しておくと、より確実な求人探しが可能になります。マイナビ看護師と併用して、2つの視点から求人を分析してもらいましょう。

運営者情報 | ナースの非常口とは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

ページのトップへもどる