NICUで働く看護師と助産師の違いってどんなところ??

NICUで働く看護師と助産師の違いってどんなところ??

NICUに入院している赤ちゃんのほとんどは新生児です。

新生児のケアというと、一般的には産科で助産師が行うものですよね。ということは、NICUでお仕事をしている看護師も助産師でないといけないのでしょうか?

看護師として働くことと助産師として働くことに違いがあるのでしょうか?NICUで働く看護師と助産師の実情についてお話しします。

そもそも看護師と助産師の違いって?

保健師助産師看護師法において、看護師が「傷病者若しくは褥婦に対する療養上の世話又は診察の補助を行うことを業とする者」とあるのに対し、

助産師は「助産又は妊婦、褥婦若しくは新生児の保健指導を行うことを業とする女子をいう」とあります。

これを読むと、看護師がケアする対象は傷病者と褥婦に限られていますが、助産師のケアの対象は妊婦と褥婦と新生児ということになりますよね。

では新生児が入院するNICUで仕事をするにはやはり助産師でないといけないのでしょうか?

看護師の方が助産師よりも断然多い!!

実際にNICUで働いているスタッフは、ほとんどが助産師ではなく、看護師です

確かに助産師は新生児のケアのスペシャリストではありますが、NICUに入院している新生児は何かしらの医療処置を必要としている傷病者にあたります。

なので助産師の免許がないからと言って、NICUで働けないということはありません。

助産師免許がないとNICUで働くことは大変?

助産師の免許がなくても働くことができるNICUですが、実際お仕事を始めてみると、助産師免許がないことで大変な思いをすることがあるのでしょうか?

NICUの看護師のお仕事は主に赤ちゃんのケアを行うことです。

助産師は免許の取得に当たり、助産学実習を履修しなければならないので、看護師よりも多くのお産や赤ちゃんをみています。

しかし看護師のあなたも母性看護学や母性看護学実習で沐浴などの基本的な赤ちゃんの生理やケアについて学んでいるはずなので、それだけあれば大丈夫です。

疾患や特殊なケア方法については、病棟でお仕事を始めてから学んでいけるからです。

ですからNICUで働くときに、助産師免許がないからと言って看護師が大変な思いをするというということはないと思います。

ただ、授乳介助などは助産師の方が学生時代に多く学んでいるため、そのような時は助産師の方が若干有利かなと思います。

しかしそういった助産師に対して看護師が知識不足な面は、仕事を始めてから経験を積んでいったり勉強会に参加したりすることで補っていくことができますよね。

助産師がNICUでその特性を生かす方法

特性の生かし方1 助産師としての知識を赤ちゃんだけでなく、お母さんにも還元できる

先ほども記述しましたが、助産師は学生時代に看護師よりも多く、妊産褥婦のことや新生児のことについて勉強しています。

なのでその学んできた知識を赤ちゃんのケアに還元することはもちろんですが、お母さんにも還元することができます。

例えば、授乳介助に入った時、助産師であれば学生時代にもそのような場面に何度も立ち会っているでしょうし、母乳やおっぱいマッサージについての知識をお母さんに教えてあげることができますよね。

またお母さんが新生児の生理的変化について質問してきたときに、詳しくお話ししてあげることができますよね。

特性の生かし方2 お産に立ち会うことはほとんどないけど、妊娠出産の悩みに寄り添うことができる

NICUは赤ちゃんが生まれてから入院するところですから、NICUで働いている助産師がお産に立ち会うことはほとんどありません。

このほとんどというのは、病院によっては、出産直後から医療的処置が必要と予想される赤ちゃんが生まれる時にはNICUで働いている医師・助産師(看護師)が立ち会うことがあるからですが、

NICUのスタッフは生まれてきた赤ちゃんの処置に徹し、その後お母さんやご家族に対して入院説明を行うだけなので、NICUのスタッフがお産自体に関わることはありません

なので学生時代に多くの時間を使って学んだ妊娠・出産についての知識はほとんど使うことがありません。

しかしお産の現場でその知識について使うことはないかもしれませんが、NICUに入院になった赤ちゃんのお母さんには、妊娠出産の経験について悩んでいる方もいらっしゃいます。

なのでそういったお母さんに対してお話を聞いてあげたり、助産師としてお話ししてあげることができますよね。

特性の生かし方3 助産師の同期の中で孤独感はあるけど、同期とは違う環境で働ける

助産師といえば産科というイメージがあるように、多くの助産師は産科に配属されることが多いです。

なので学生時代に一緒に学び切磋琢磨してきた同期たちは産科に配属される人が多いと思いますので、あなたは一人で新しい環境に入っていかなければならない孤独感があるかもしれません。

しかし新しい環境に入るということは、そこでまた新しい仲間たちと出会うことができるということです。

まとめ

いかがでしたか?

このようにNICUで働く看護師は助産師でなければならないということではありませんし、NICUで助産師が働くということは助産師の特性を生かすことができるということです。

助産師の方も、助産師免許は持っていない方も、NICUで働いてみたいと思ったら当サイトランキングの、NICUの求人に強い転職サイトへ登録してみてください。

あなたの希望の働き方を専門のコンサルタントに伝えることで、あなたの希望に沿うNICUに出会えるはずです。

万が一に備え、看護師転職サイトに登録しておきましょう!

万が一に備え、看護師転職サイトに登録しておきましょう!

看護師転職サイトのおすすめ

【1位】マイナビ看護師

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社マイナビ

マイナビ看護師は看護師それぞれの状況に合わせた的確な非常口(転職先)を用意してくれます。実績豊富で質も高く、信頼出来ると評判です。質の高いサービスと求人数の多さが保証されており、おすすめです。

【2位】:ナース人材バンク

オススメ度:★★★★★☆
運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクもセカンドオピニオンとして登録しておくと、より確実な求人探しが可能になります。マイナビ看護師と併用して、2つの視点から求人を分析してもらいましょう。

こちらもおすすめ

運営者情報 | ナースの非常口とは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

ページのトップへもどる